出勤前アジングゲームで朝マヅメ狙い撃ち 一投一尾の入れ食いに【福岡】

出勤前アジングゲームで朝マヅメ狙い撃ち 一投一尾の入れ食いに【福岡】

11月6日と12日、福岡県志賀島へアジング釣行。早朝の限られた時間だが、ワームを使って良型の数釣りを満喫した釣行をお届けしよう。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

志賀島でアジング

11月6日、出勤前に福岡県志賀島でアジング。休日は予定があったことと、土曜日は場所取りも困難ということで、眠い目をこすり釣行した。何度も通っていて、時合いは夜明け前後ということは分かっているので、1時間限定で釣る。

午前6時前に到着すると、テトラの先端は先行者が1人、サビキで釣っている。対岸の堤防には珍しく人がまばら。釣れなくなったかと少し不安に思ったが、隣に入らせてもらい海面をチェック。潮位は4時30分が最干潮のため、カキ殻むき出しのテトラが見える。

出勤前アジングゲームで朝マヅメ狙い撃ち 一投一尾の入れ食いに【福岡】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

ショートロッドのため下まで降り立ち、ジグヘッドは1g。そして、よく釣れるワームの海毛虫Jrをセット。風はなく、ポイントとなる沖堤防との間に放り込む。チョンチョンとロッドアクションし、アジを誘う。

ワームで良型アジ続々

2投目、同じように誘うとググッとティップが入り、釣れない心配はなくなった。ランディングしたのは、いつもの24cmと、良型アベレージサイズのアジ。隣のサビキの人もコンスタントに上げているが、サイズがまばら。どうやらワームの方が良型を釣れるようだ。ワームのカラーはチャート、ピンク、クリアー系まで釣れる。

出勤前アジングゲームで朝マヅメ狙い撃ち 一投一尾の入れ食いに【福岡】アジは良型中心(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

6時30分ごろには1投1尾でアタり、とても楽しい。少し風が出てきたので、ジグヘッドを1.2gに交換し、ここで数を伸ばす。

25cmメバルも登場

遠投し誘っているとグングンと、アジとは違う引き。テトラのキワでも抵抗を見せたのは、25cmのメバル。メバルが来るとは、水温が下がってきている証拠。連続でメバルを釣り上げたので、フォールではなくリトリーブで狙ってみたが、3尾目は来なかった。

出勤前アジングゲームで朝マヅメ狙い撃ち 一投一尾の入れ食いに【福岡】メバル接岸中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

豆アジがヒットしてきたので、かわすためにジグヘッドを1.5gに交換。フォールを速くし、ボトムにいる良型を狙うと、グンッと分かりやすいアタリ。横に走り、非常に力強い体高のあるいいアジだ!

数尾、良型を仕留めたところで時刻は7時前。アタリがぱったりと止まってしまった。サビキの人を見ても、ウキが沈まない様子。やはり時合いは夜明け前後と短時間。しかし、こうやって狙って釣行でき、しかも脂の乗った博多湾側のアジはとてもうまい!釣って楽しく、食べても最高なアジングを、皆さんも楽しんでみてはいかがだろうか。

次のページは後日再び27cm良型アジ手中!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。