『タルイカメタルゲーム』で9.6kg頭に本命2匹【福井・心友丸】

『タルイカメタルゲーム』で9.6kg頭に本命2匹【福井・心友丸】

11月6日の新月Xデー、半夜便にてモンスタータルイカを狙って福井県・越前町の心友丸で釣行してきた。9.6kg頭に2匹を手にした釣行の模様をお届けしたい。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

心友丸でタルイカ釣り

11月6日、心友丸からタルイカを狙って釣友の伊藤さんと釣行してきた。

晩秋マイカも下火、アオリイカの数釣りも終わり、10月にはタルイカの情報もちらほら。一昨年はタルイカの大爆発にわいたが、昨年は盛り上がりもなく冬のヤリイカに突入してしまったので、巨大イカメタルのタルブリットの出番がないままだった。

予報によると、深夜になると北風が強くなるとのこと。出船は午後6時。そそくさと業務終了して大急ぎで港へ直行するが、出船時間ギリギリ着。松岡船長へのあいさつもそこそこに、左舷ミヨシにタックルとクーラーボックスを放り込んで出港となった。

『タルイカメタルゲーム』で9.6kg頭に本命2匹【福井・心友丸】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

船上で雨具を着ている横で、同乗の常連さん5人はすでにサンマの1本仕掛け&電動タックルで釣る気満々だ。イカメタルは私たち2人。やはりエサ釣りにはかなわないかも?と伊藤さんと顔を見合わせる……。

まずは良型アオリ&ヤリイカ

45分ほどで水深220mラインにシーアンカーが入る。すでに遠くには、いさり火が点在している。シーアンカーが効き始めると、船長から90m上を狙うように指示があり、私はタルブリット180gピンクグロー、伊藤さん同じくオールグローで開始した。

TSURINEWSのタルイカHowTo記事を熟読して、頭にたたき込んで挑んだのだが、静かな滑り出しで何の反応なし。50mでフォール中に違和感があり、何やらヒット。上がってきたのはタルブリット丸のみサゴシだ……。私の天敵、高価なスッテまで取られなくて良かった~。

しばらくすると水面には、新子のイカが明かりにつられて浮いてくるなか、何か固まりも浮いてきた。2.5号のエギを投入すると、なんと小型のヤリイカがヒット。そのうち無数のアオリイカも浮いてきたので、エギを群れの奥にキャストしすると、胴長22cmのアオリイカがヒット。

『タルイカメタルゲーム』で9.6kg頭に本命2匹【福井・心友丸】キロアップのアオリイカを仕留めた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

相変わらずタルイカからの音信はないが、何度も良型アオリイカが浮いてきて、百発百中でヒット。だが1匹掛かると、警戒して離れてしまうのが残念だ。

待望の9kgタルイカ浮上

何も変化なく8時半を回ると、エサ釣りにヒットがあったようだが上がってきたのはゲソ。タルイカは必ずいると信じ、ジャーク&フォールを繰り返すと、ティップに違和感があった。アワせてみると、重量感のある引きが伝わってきた。

重みが乗ったところで数回鋭くアワセを入れると、ガッチリフッキング。2年ぶりに味わう強烈なタルイカのジェット噴射を楽しみながら、慎重にリフティングする。浮いたところで船長がギャフを打ち、船上に上げるとスミの大噴射で船上は真っ黒(笑)。9kgぐらいの良型ににっこりだ。今シーズン初タルに船長も喜んでくれた。

『タルイカメタルゲーム』で9.6kg頭に本命2匹【福井・心友丸】2年ぶりの豪引に大満足(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

次のページで2匹目が猛襲!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。