今さら聞けないメバリングのキホン:『オープンウォーター』の攻略法

今さら聞けないメバリングのキホン:『オープンウォーター』の攻略法

メバルの定番ポイントといえば、夜、常夜灯下、ストラクチャー際、波止際。しかし、実はオープンウォーターでも狙えることをご存じだろうか?

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

オープンウォーターでメバリング

メバリングを数シーズン通してやっている人でも、オープンウォーターメバルのポテンシャルを知らない釣り人は多いようだ。というのも、基本的にやはりメバルはキワなどで釣る魚であり、釣り人の頭の中でも、キワでいろいろな方法で釣るパターンが出来上がってしまっていて、前に投げる、という考えが、意外になかったりする。

今さら聞けないメバリングのキホン:『オープンウォーター』の攻略法海の「前」に投げてもメバルは釣れる(提供:WEBライター・井上海生)

そう、つまりそこにオープンウォーターメバルの可能性があるのだ。つまり、前に投げても釣れると知らない人が多いからこそ、オープンウォーターのメバルはスレていない。意外な良型が現われたりもする。

狙うべきポイント

オープンウォーターでメバルを釣るときのヒントになるのは、ボトムの地形変化と、潮のヨレだ。そのような、何かの「きっかけ」があるポイントには、メバルが表層で目を利かせてプランクトンや小魚を狙っている。

ボトムの地形変化

ボトムの地形変化は、ナイトメバルではなかなかわかりにくい。デイで入っていれば大体の感覚がつめるのだが…。またオープンウォーターはいわば果てがないので、攻めようと思えばどこまでも距離を攻められるのも、一つの難しさである。自分で釣る範囲を限らなければならない。

まあ、実際ノーヒントでやっても釣れるが、特に良型を出したいなら、やはり地形は分かった方がいい。そこで使用するのは、3g程度の、ハリを外したメタルジグだ。これを、大体0.8g程度のジグヘッドリグが届く範囲で投げて、底に着けてずる引きしてくる。すると海底の起伏が分かるはずだ。そのようなデコボコした部分の、「表層」では小~中サイズのメバルがバイトしてくる。そしてレンジを入れて微妙に起伏から浮かした「表中層」または「中層」では、警戒心の高い個体、良型が出せる。

潮のヨレ

潮のヨレに関しては、ナイトでも目で見て分かる場合もあれば、軽量ジグヘッドを投入していて、急に手元に「クッ」と潮が噛むように感じるようなところがあるはずだ。それがいわゆる、潮のヨレ。プランクトン、ベイトフィッシュが滞留するので、メバルも付く。またアジが溜まる可能性も高い。

「表層レンジキープ」で攻める

ボトムの地形変化、潮のヨレを睨んで、オープンウォーターメバルを釣ることもできる。ただ、それでなくてもオープンウォーターの表層には、結構、ごく普通にメバルが浮いていたりする。

これは、海面・表層が魚にとって、一つの「壁」だからだ。捕食対象を追い詰めて食べるには、格好の場である。特に自ら動かないプランクトンを食べている、アミパターンのメバルは、キワを狙い打たなくてもオープンウォーターでかなり反応する。

たとえば、下のような気泡が浮いているのが目に見えるような場所では、オープンウォーターメバルのポテンシャルがかなり高い。またこのようなヒントにこだわらず、表層を徹底的に「止め」で探れば、メバルはどこでも出る。

今さら聞けないメバリングのキホン:『オープンウォーター』の攻略法気泡は一つのヒント(提供:WEBライター・井上海生)

では、なぜそれを釣り人がしないか。答えは、上述のように「キワパターン」が頭の中に出来上がってしまっているせいもあるし、単純に、オープンウォーターの表層レンジキープが非常に難しいからだ。

次のページで高難度の「リグの止め方」を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。