エギングで「新子」アオリイカ ゲストにコウイカ登場【熊本・鬼池港】

エギングで「新子」アオリイカ ゲストにコウイカ登場【熊本・鬼池港】

9月29日、熊本県天草市・鬼池港にてエギングでアオリイカに挑んだ。この時期は居残り組、早産まれ組、新子が入り乱れているはずで、ゲーム性高く面白いと期待しての釣行。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日高隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

熊本・鬼池港でエギング

9月29日、熊本県天草市・鬼池港へ久々のエギングでアオリイカに挑んだ。鬼池港の堤防に立つと北風が吹いているが、エギングはできる範囲内だ。

エギングで「新子」アオリイカ ゲストにコウイカ登場【熊本・鬼池港】今回の釣り場の広域略図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日高隆行)

使用したエギングタックル

当日のエギングタックルは、ロッド・ロンギヌス8.3ftに、リール・ストラディックC3000HG、メーンラインPEライン0.8号に、リーダー3号、エギはダートフォース3.5号パープル。

エギングで「新子」アオリイカ ゲストにコウイカ登場【熊本・鬼池港】当日のタックル(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日高隆行)

早速、遠投して探りを入れる。春とは違い、藻場があまりないため、全層探るがアタリがない。「う~ん、回遊型のまぁまぁサイズがいてもいいのだが」。

今時期は居残り組、早産まれ組、新子が入り乱れている時期になり、より大きい個体を狙うのであれば湾内ではなく、外向きで潮が流れ、産卵前にいったんステイするような場所がいい。青物が回遊してきそうな場所も好条件だ。

「う~ん、アタらない」。3時間粘るもアタリすらない状態で、少し場所移動。

エギ2.5号で新子アオリ

次のポイントに着き、カラーを替えて探ると「お!アタった!けど離すな……小さいか?」。

何度かそんなアタリが続き、どうにか正体を確かめたく、十数年ぶりにエギをエギスタ2.5号に変更。できるだけ遠投し、5~6秒の感覚でシャクっていると「あ、抱いた」。

スイープにアワせてやると、小さいながらもジェット噴射し、上がってきたのは100gほどの新子。「君だったか、兄ちゃんいない?」。すぐにリリースした。

エギングで「新子」アオリイカ ゲストにコウイカ登場【熊本・鬼池港】春と違って藻場は少ない(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日高隆行)

ボトムでコウイカ登場

今度はボトムを丁寧に探ると、指に掛けていたラインが「スーッ」「まぁまぁかな?」。先ほどよりも重量感があり、サイズアップと思われたが「ジェット噴射せんやん。アイツやん」。

正体はコウイカ。スミを吐かれないように静かにフックを外す。

エギングで「新子」アオリイカ ゲストにコウイカ登場【熊本・鬼池港】外道のコウイカも重量感(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日高隆行)

「コウイカ釣れる=潮動いてない」「……リベンジ!」最干を迎えたために、リベンジを決意し帰路に。

<週刊つりニュース西部版 APC・日高隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鬼池港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年10月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。