『ダウンショットリグ』で根魚釣り 根掛かり回避でストレスも減少?

『ダウンショットリグ』で根魚釣り 根掛かり回避でストレスも減少?

根掛かりで仕掛けをロストするリスクがある根魚ゲーム。しかし、「リグ次第でそのリスクを減らせるのでは?」と思い、ソルトでダウンショットリグを試してみた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

根魚ゲームでロストを減らすために

大阪南港は、最近、釣りものがない。アジが遅れていて、タチウオも遅れている。イカはいない。私のメインフィールドで今ちゃんと反応してくれるのは、根魚だけだ。おなじみ、波止キワでボトムを取ると、釣れる。

しかし、底をタイトに攻めると当然ロストが多くなる、といって軽量リグを使ってボトム付近を漂わせると、居食いされたときに根に潜られやすいのが厳しい。

そこで少し考えた。「ダウンショットリグ」なら、ロストなしで獲れるのではないかと。

ダウンショットリグとは

バサーにはおなじみ、「ダウンショットリグ」は、下の画像のようなものだ。

『ダウンショットリグ』で根魚釣り 根掛かり回避でストレスも減少?ダウンショットリグ(提供:WEBライター・井上海生)

リグの特徴

ノーシンカーのハリ(マスバリがよく使われる)の下に、オモリがくる。ワームは、「ちょん掛け」だ。つまり、ライン管理にさえ気をつければ、オモリだけが着低して、ハリは微妙にボトムから浮いた状態になり、根掛かりしない。しかも、ちょん掛けのワームが水流でナチュラルにシェイクされて、魚の目を引く。

バス釣りで流行

別名「常吉リグ」とも言われる、バス界で20年くらい前に流行したリグだ。今でもバーチカルな誘いで使っている人は多いだろう。私も当時はこれで、驚くほどバスが釣れた。本当にこんなに釣れるのか、と子ども心に驚いた。

これが釣りにおける「リグの工夫」の効果を知ったきっかけであったと思う。このリグの生みの親のプロダクターの言うことは、いつも参考にしている。

ダウンショットでカサゴ

さて、このリグを、ライトソルトゲームに持ち込んでみた。

リーダーから下に、30cmくらいの長さを取って、足元に落とす。そしてただバイトを待つ。…さすがに一発ではこない。

一度回収し、少し歩いたところで落として、今度は自分が少し歩いてコースを作り、シェイクしながら寄せてくる。リール操作は、そのラインスラックを取るだけ。これで、やはりカサゴが反応した。型もナイスだ。

『ダウンショットリグ』で根魚釣り 根掛かり回避でストレスも減少?ダウンショットリグでカサゴ(提供:WEBライター・井上海生)

そして、釣っていて思わぬ副産物があった。これまでこのポイントでは1.5g程度のジグ単でやっていたが、3gのオモリを使うと着底がわかりやすい。

操作感があって、これまで何度も入っていたポイントの、海底の地形まで分かってくる。ここを攻めると根掛かりするんだな、ということまでわかって、得した気分。地形把握にもダウンショットリグはいい。

投げてもカサゴがヒット

経験上、オープンウォーターにもボトムには結構カサゴがついている。キワが打たれまくっている漁港では、スレていないオープンウォーターのボトムが狙い目だ。そこで、ダウンショットリグを、キャスト後にラインに角度がつくことも考えて、ハリ下のイトを60cmほど長くして投げてみた。

すると、やはりカサゴがヒット。

『ダウンショットリグ』で根魚釣り 根掛かり回避でストレスも減少?オープンウォーターでもカサゴ(提供:WEBライター・井上海生)

順調だ。しかも、リグのロストが無い。これには私の選んだ錘の形状も効を奏したのかもしれない。2種類のダウンショットリグ用のオモリがあったのだが、すり抜け性能を考えて、ラウンドタイプでなく、縦長タイプにした。おかげでちょっと引っ掛かっても、すぐに抜ける。

『ダウンショットリグ』で根魚釣り 根掛かり回避でストレスも減少?オモリの形状も大事?(提供:WEBライター・井上海生)

次のページで『ジグヘッドの重さ』を考察

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。