イカダエギングで秋アオリ狙い 新子に混じり良型700g級も【日乃出屋】

イカダエギングで秋アオリ狙い 新子に混じり良型700g級も【日乃出屋】

今年も始まった秋のアオリイカシーズン。9月15日、三重・南伊勢町迫間浦の日乃出屋のイカダから、エギングで秋の新子イカを狙った。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

日乃出屋でイカダエギング

クロダイ釣りや釣り堀では老舗の日乃出屋だが、アオリイカでも実績のあるイカダが多く、過去には春に3kgというモンスターサイズも出ている。

今回は名古屋市守山区の丸山さん、天白区の川中さんの2人に同行。丸山さんはあらゆる釣りをこなす若手のアングラーだ。今回イカダでのエギングは初挑戦とのことで、気合を入れて午前6時に沖側に設置されているイカダに渡った。

イカダエギングで秋アオリ狙い 新子に混じり良型700g級も【日乃出屋】丸山さん(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

タックルと作戦

早速3号のエギを付けてキャスト開始。岬状の先端から延びるブレイク付近に着水させ、じっくりフォール時間を長めに取ってから2段シャクリ、3段シャクリで誘っていく。

イカダエギングで秋アオリ狙い 新子に混じり良型700g級も【日乃出屋】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版編集部)

だが沖へ払い出す潮が予想以上に速く、あっという間にラインが流されてしまう。エギにシンカーを足すと、底取りはしやすいが流されるのは変わらない。

エサ釣りも楽しい

これ以上シンカーを足すと根掛かりのリスクもあるので、潮上にキャストしてエギをドリフトさせるイメージでフォールさせていく。

だが、この速い潮のせいか、一向にアタリがない。早々にエサ釣りに切り替えた川中さんには、キスやムギメシがヒット。

イカダエギングで秋アオリ狙い 新子に混じり良型700g級も【日乃出屋】キス・ムギメシ・メゴチが入れ食い(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

ここでいったんアオリに見切りをつけ、五目釣りに変更すると丸山さんにキスが連続ヒット。イシゴカイのエサで入れ食い状態だ。

イカダエギングで秋アオリ狙い 新子に混じり良型700g級も【日乃出屋】キスが連続ヒット(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

イカダ変更後に本命アオリ

ひとしきり楽しんだところで、船長の奥さんの大下よしかさんが見回りに来てくれた。現状を伝えると、「イカダ変わってみる?」との言葉に、二つ返事で荷物を持って船に飛び乗った。

次は湾奥の岸の間近に設置されたイカダ。荷物を整理した後、エギを投げた丸山さんから「ヒット~!」の声。いい感じにロッドが曲がり、水中でスミをまき散らすアオリイカの姿が見えた。

イカダエギングで秋アオリ狙い 新子に混じり良型700g級も【日乃出屋】イカダを変わって早々に丸山さんにヒット(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

キャッチしたのは300~400gといったところか。この時期にしては十分なサイズだが、親イカの居残りか早生まれの新子か迷うところだ。

良型アオリイカがヒット!

その後しばらく沈黙が続いたが、2時を回ったころに川中さんから「きた~」の声。ロッドが大きく曲がり、チリチリとドラグが音を立てる。

浮いてきたのはこの時期ではありえないサイズのアオリイカ。ざっと見て600~700gといったところか。おそらく春の親イカの居残りだろう。ということは…日本海同様、このエリアもかなり遅れていると見ていいだろう。

イカダエギングで秋アオリ狙い 新子に混じり良型700g級も【日乃出屋】親イカの居残りと思われるサイズ(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

次のページでコウイカが登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。