関西の釣りが東京湾で大流行中 テンヤタチウオで指8本『特大ドラゴン』

関西の釣りが東京湾で大流行中 テンヤタチウオで指8本『特大ドラゴン』

東京湾で大ブレイク中のテンヤタチウオ。今回は、オーナーばりスタッフの今永航汰さんが浦安・吉野屋から出船し、本場関西で磨いたテクニックを披露してくれた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース・関東版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

連発タイムに突入!

このあと、誘いのリズムがハマると連発。即アワセを入れるとガツンとフッキング。大型の引きに電動リールが唸りを上げる。中盤、タダ巻きへの反応が鈍くなると、アクションをつけながら止めたあとのフォールにアタリが多くなる。ミチイトをフケさせたり、竿先を持ち上げる食い上げで徐々にサイズアップ。1尾、また1尾と抜いていく。取り込みは竿で抜き上げるのではなく、必ずリーダーをつかんで行うように。そうすることで、不意にタチウオからテンヤが外れても自分や隣の人にぶつかる事故を防げる。

◆ワンポイントアドバイス◆
抜き上げはタチウオが落ち着いたタイミングで、口を閉じたときに行うとバレ防止につながる。

関西の釣りが東京湾で大流行中 テンヤタチウオで指8本『特大ドラゴン』順調に数を伸ばす(提供:週刊つりニュース関東版・編集部)

指8本級『スーパードラゴン』浮上

途中、岩渕船長から船宿常備の脂の乗った大羽イワシを使うようアドバイスを受ける。頭を落としてテンヤに装餌。

すると、船長の言葉通り指7本や8本に迫るスーパードラゴンサイズがアタって重量感ある引き込みや、急に上へ泳ぐトリッキーな動きに電動リールと体全体を使ってやりとり。

ここで、無理に巻き続けると身切れによるバラシにつながるので要注意。「いや~、東京湾スゴいですね。来た甲斐がありました」と、最大130cmを手に嬉しさを隠しきれない様子。コンスタントに数を伸ばして14時に沖あがりとなった。

関西の釣りが東京湾で大流行中 テンヤタチウオで指8本『特大ドラゴン』ドラゴン手中(提供:週刊つりニュース関東版・編集部)

次のページで「掛獲船太刀魚テンヤ」を詳しく紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。