御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】

御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】

魚種、魚影が豊富な御前崎沖は、タイラバやSLJがおもしろいフィールドだ。8月18日、静岡県御前崎港の波丸に乗り、夏のライトゲームの様子を取材した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

御前崎沖でタイラバ&SLJ

午前5時過ぎ、波丸に乗り、御前崎港を出港。当日は東京の藤川さんらのチャーターで、藤川忍さんと息子の莉輝君、そして莉輝君の友人らで、タイラバ&SLJでライトに遊ぶ予定だ。

午前6時にサオ入れ開始。最初に入ったのは水深50mのポイント。各自、120gのタイラバで攻めると、開始直後から右舷後部の橋本君が30cm級のビッグなアヤメカサゴをゲット。

40cm級マダイをゲット

さらに、続いて藤川莉輝君に、良いアタリ。やり取り中にサオをたたく仕草から、「もしや?」と思っていると、海面に現れたのは40cm級のマダイ。いきなり主役のお出ましだ。

御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】大本命のマダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

このあと、カサゴなどを追加して、船は少し深場に移動。潮がゆるいため、タイラバのウェイトはそのままで釣りを再開した。

高級魚アマダイ50cm浮上!

ここでも開始早々にアタリ。ヒットを得たのは右舷前部の山崎君で、50cm近い大きなアマダイをキャッチした。

御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】ビッグなアマダイ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

しかし、深場はあまり食いが良くないようで、船長は早めに見切りをつけ、ぐっと岸よりの30m以浅のポイントに向かった。

次のページで50cm級オオモンハタ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。