御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】

御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】

魚種、魚影が豊富な御前崎沖は、タイラバやSLJがおもしろいフィールドだ。8月18日、静岡県御前崎港の波丸に乗り、夏のライトゲームの様子を取材した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

オオモンハタ50cm級が登場

引き続き、タイラバで攻めていると、開口一番に良型のアヤメカサゴを上げた橋本君に、当日一番の大物がヒット。時折スプールを逆転させつつ浮上したのは、50cm近い見事なオオモンハタ。ロックフィッシュハンター憧れのナイスフィッシュだ。

御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】オオモンハタをゲット!(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

良型アカハタが顔見せ

このあとも、型の良いアカハタが立て続けに上がった。なかでも、山崎君、藤川莉輝君は、獅子奮迅の釣りっぷりで、二人ともタイラバは初めてなのだが、センス抜群でヒットを連発している。

御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】大人チームも良型アカハタ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

エサラバで連発劇

一方で、なかなかヒットを得られない子たちもおり、苦戦していた。

ここで、船から秘密兵器が支給される。それは、新鮮なカツオのハラモ。伊村船長が、ツテでゲットしてきたものなのだが、刺身でいけそうなほど新鮮そのもので、脂の乗りも抜群。魚にあげるくらいなら、私がつまみたいほどだ。

このハラモを幅1.5cm、長さ15cmほどに切り、釣果の振るわない子たちのタイラバにセットする。いわゆるエサラバ作戦だ。はたしてその効果はいかに。

すると、待つ間もなく各メンバーのロッドにアタリが来て、立派なサイズのアカハタやアヤメカサゴの連発となった。

御前崎沖タイラバ&SLJゲームでマダイ・アマダイ・ハタ【静岡・波丸】アヤメカサゴもでかいっ!(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

潮も風も止まってしまい、なかなか厳しい条件だったが、秘密兵器のおかげでメンバー全員多くの魚の引きを味わい、沖上りを迎えることができた。

次のページで今後の展望を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。