夜の沖磯釣りで55cmシブダイ イワシスライスにヒット【宮崎・外浦崎】

夜の沖磯釣りで55cmシブダイ イワシスライスにヒット【宮崎・外浦崎】

8月8日、午後3時出船で宮崎県日南市油津の「くろしお丸」を利用し、外浦崎へ瀬泊まりで夜釣りをしてきた。日中はイシダイやイシガキダイの底物、暗くなってからはシブダイを狙った。

宮崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

油津沖の磯で沖磯釣り

8月8日、午後3時出船で宮崎県日南市・油津沖の磯へ「くろしお丸」を利用して釣行に出かけた。今回のターゲットは、明るいうちにイシダイやイシガキダイの底物、暗くなってからはシブダイを狙う。同行者は日南市の古田さんだ。

午後3時に出船し、船長任せで上がった磯は外之浦崎だった。足場も良く瀬も広いため、夜釣りをするなら暗くなっても比較的安全な磯場である。

夜の沖磯釣りで55cmシブダイ イワシスライスにヒット【宮崎・外浦崎】外之浦崎広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

ガンガゼにイシガキダイ

到着後、すぐに底物狙いのタックル(石鯛ザオなど)を準備して、ガンガゼ20個とシラガウニ2kgで暗くなるまで底物を狙った。水温も高いのか、小型のイシガキダイ(推定30cm未満)が勢いよくつけエサに掛かる。

ガンガゼはほとんどがあっという間になくなり、シラガウニはエサ持ちは良いが最後まで食い込まないという状況が続き、ようやく掛かった魚は30cmほどの小さなイシガキダイ。ガンガゼを2個掛けし、仕掛けの慎重な送り込みに時間を要した。

夜の沖磯釣りで55cmシブダイ イワシスライスにヒット【宮崎・外浦崎】小ぶりだがイシガキダイを手中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

その後もエサのある限り同じように仕掛けを入れ、手返し良く狙うも残念ながら底物はこの1尾に終わった。きれいな個体ではあったが、あと少し大きな魚だったらなと課題は残ったが、そんなことを思いながら優しくリリースした。

辺りも暗くなり始め、いよいよシブダイ狙いのタックルへと仕掛けを組み替えた。

シブダイ狙いのタックル

シブダイ狙いのタックルは、日中の底物釣りで使用したイシダイザオをそのまま使用し、足元に宙釣りで狙うものを1組。これとは別に4号クラスの磯ザオにPEラインライン5号程度が100mほど巻くことができるリールで、2号程度の電気ウキを使用したフカセ釣りの2本立てでの挑戦となった。

夜の沖磯釣りで55cmシブダイ イワシスライスにヒット【宮崎・外浦崎】筆者の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

使用するエサは、つけエにオキアミボイル(L)、サンマの切り身(短冊状に切ったもの)の2パターン。

一方、同行者の古田さんはイシダイザオを2本出して、足元の宙釣りと中遠投のブッ込み仕掛けの2パターンだった。

フカセ釣りでアタリを拾う

釣り始めるとエサは取られるが、なかなか好反応のアタリはなく時間だけがすぎていく。そんな中、ついにアタリを拾うことができたのが、私のやっていたフカセ釣りであった。

細かくまきエサを投げ入れ、光る電気ウキの反応に集中していると、突然ウキが海中に消えていった。アワセを入れると確かに引きはあるが軽かった。上がってきた魚は30cmほどの良型キンメダイ。その後、マツカサ、カサゴ(アラカブ)など小ぶりではあるが、生命反応が出始めたのは11時をすぎたころだった。

次のページは55cmシブダイ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。