波止フカセ釣りで46cmチヌ手中 エサ取りパラダイスに苦戦【大分】

波止フカセ釣りで46cmチヌ手中 エサ取りパラダイスに苦戦【大分】

夏の波止釣りは己の体力との闘いである。だが、こんな時こそ大型チヌ狙いの絶好のチャンス。エサ取りの猛攻に閉口しながらも、最大46cmのチヌを頭に本命4尾の釣果となった。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・誠太郎)

誠太郎

チヌ、グレしか狙わない偏向釣師。三度の飯より釣りが好き。波止場よりのジギングもフカセの浮気で試みたりする。将来の夢は深島で連泊の磯釣り。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

津久見港でチヌ狙い

8月8日早朝5時、足場もよく、水深も十分にある大分・津久見市の津久見港に到着。太陽はまだ顔を出していないのだが、まきエサを混ぜ、フカセ仕掛けを組んでいるだけで汗まみれ。

まずは様子見で、00号のウキを使い、まきエサと同調させながら、波止場の上層から下層まで探る全層狙いでスタートした。

当日の状況&作戦

まきエサを打って期待の第一投。当日の津久見の満潮時刻は午前9時30分。潮の流れは満ち込み独特のトルクのる左流れ。幸い上潮が滑る2枚潮ではなく、00号の仕掛けがなじむと良い感じで入っていく。

今年の津久見周辺の各波止場ではゼンゴ(アジ)の活性が低いらしく、この日もゼンゴの気配を感じない。このゼンゴ、私にとっては大敵で、海底付近のチヌまでエサを届けることを阻む厄介なヤツだ。従ってゼンゴの活性が低いのは、チヌ狙いの私にとっては実にラッキーなのである。「今日は行けるか?」と期待は高まる。

今回は、ゼンゴやコッパグレ(小メジナ)、そしてミニマダイの活性が高いと予想していたので、練りエサを準備していた。エサ取りが邪魔をするようであれば、練りエサを大きくして一気に底までエサを届ける作戦。

朝マヅメは空振り

しかし、思いのほかエサ取りの活性が低い。生オキアミもたまに頭を取られる程度で、ほぼ素通りして海底まで届いている様子。これなら逆に釣り開始早々、良型チヌに巡り会えるのではないか…と、ワクワクしたが、そうは上手くいかなかった。

試行錯誤を繰り返しているうちに太陽が顔を出し、一気に気温が上がる。待望の朝マズメの一発は逃してしまった。

エサ取りに苦戦

太陽が昇り、明るくなると同時に、まきエサを打つと、ものすごい波紋が湧きたつ。海面が光って見えないのだが、エサ取りのお出ましである。さらにまきエサを打ってから海面を凝視すると、一面「真っ赤に染まる勢い」でエサ取りが群がってくる。

正体は15cmくらいのゼンゴである。ゼンゴが小さすぎるので、チヌバリ2号のさしエサを直接食い込んでハリ掛かりすることはないが、仕掛けを投入して縦の層を探っている間、竿先にピンピン豆ゼンゴが突くアタリが出て非常に釣りにくい。

そして、竿先に待望のアタリらしき反応が出た。明らかに豆ゼンゴ以外の魚の食い込みである。しかし、上がってきたのはミニマダイ。上層の豆ゼンゴは小さすぎてエサ取りとしては問題ないようだが、その下層にミニマダイが群がっているようだ。

波止フカセ釣りで46cmチヌ手中 エサ取りパラダイスに苦戦【大分】難敵のミニマダイ(提供:WEBライター・誠太郎)

これはさすがに交わせない。このミニマダイにはネリエサも通らず、容赦なく食ってくる。最初はエサ取りの活性の低さに面を食らったが、本来の想定通り、エサ取りパラダイスで苦戦する釣りとなった。

次のページで重量級ヒットの正体は・・・?

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。