ロックフィッシュゲームに初挑戦 ハタ類でツ抜け達成【千葉・有希丸】

ロックフィッシュゲームに初挑戦 ハタ類でツ抜け達成【千葉・有希丸】

8月7日、千葉の有希丸でロックフィッシュゲームに初挑戦。ワーム&エサでアカハタ、オオモンハタ、カサゴなど「釣れちゃった」よりも「釣った感」を感じる一日となりました!

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 金澤美穂)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

千葉・南房でロックフィッシュゲーム

千葉・南房乙浜の有希丸で、ずっとやってみたかったロックフィッシュゲームに挑戦。当日のメインターゲットはアカハタ。タックルも仕掛けも分からないので、今回は釣りガールの白井亜実さんを講師にお願いして、すべて用意してもらいました。

ベイトロッドに、仕掛けは遊動式オモリ(フリリグ)12~15号。オフセットフック#1にエビ系のレッドカラーのワームをセット。午前5時に出船。ポイントは10分ほどの近場で、水深18m前後です。

釣り方は、トンッとオモリが底に着いたらフワッと浮かせる、の繰り返し。根掛かりしないように、気をつけながら仕掛けを動かします。

根周りで本命アカハタ

まず、教わった通りにやってみると、ゴツゴツ、ガリガリ。思っていたより根がハード。根に沿わせるように探っていくのがスリル満点。ストンと根の隙間に仕掛けが深く入り込んだ瞬間、ツツツンと、ワームをついばむようなアタリ。でも、なかなかフッキングせず、アワせても空振り。

もう一度、凹みに仕掛けを入れるとすぐに反応。その場で少し間をおいて聞きアワセ。すると、重量感を感じたので一気に巻き上げ。ファーストフィッシュは本命のアカハタでした。

続けて根に沿ってトントンと探っていくと、ツツツンドーン。なかなかのサイズの予感。見えてきたのは鮮やかな赤色の大きなカサゴ。

エビエサでアカハタ40cmオーバー

「うーん楽しい」。次第にアタリが遠のいていくなか、ふと船内を見ると、常連の竿が大きくしなっていてタモの登場。なんと40cmオーバーのアカハタ。

ロックフィッシュゲームに初挑戦 ハタ類でツ抜け達成【千葉・有希丸】スリリングな釣りを堪能(提供:週刊つりニュース関東版・金澤美穂)

エビエサにかえた途端にヒットした様子。私もワームからエサにチェンジして、再び根を探ります。

徐々に潮が速くなってきたので、誘い方を少しかえてみます。トンッと仕掛けが底に着いたら、先ほどより少し長めにステイ。すると、食ってきました。同じように聞きアワせると重くなって、一気にリールを巻くとゲストのカサゴ。

オオモンハタ30cm級が快引

このあと、アタリが多くなって、同じ魚が連発。後半、水深30mくらいのポイントへ移動。エビエサを使って、底がガクンと落ちる場所を重点的に攻めていくと、ツンツン。

短めの前アタリからドーンと結構な重量感。きょう一番の元気な引きの正体は、30cm超のオオモンハタ。

ロックフィッシュゲームに初挑戦 ハタ類でツ抜け達成【千葉・有希丸】オオモンハタゲット~(提供:週刊つりニュース関東版・金澤美穂)

レア魚にザワザワ。その後もカサゴが好調。久しぶりにアカハタが釣れたと思ったら、入れアタリタイムに突入。でも、アワセが遅れると根に潜ってしまって、結果仕掛けをロスト。エサもなくなりワームに戻します。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。