伊勢湾ジギングに挑戦 フォールで『極太サワラ』手中【愛知・WING】

伊勢湾ジギングに挑戦 フォールで『極太サワラ』手中【愛知・WING】

7月31日に愛知・南知多町のWINGにお邪魔し、灼熱の伊勢湾でジギングゲームに挑戦した。サワラにハマチ、タチウオなどをキャッチした釣行をレポートしよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース中部版編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

伊勢湾オフショアゲームの特徴

中部圏で最もポピュラーなオフショアフィールドである伊勢湾だが、実は非常に気まぐれな一面を持っている。釣果のムラはもちろんだが、釣れるポイントやヒットパターンも、短期間でかわることが多い。

船長はその都度苦労させられるわけだが、アングラー側も状況に合わせた釣りが求められる。

伊勢湾ジギングに挑戦 フォールで『極太サワラ』手中【愛知・WING】さあ、今日の海はご機嫌かな(撮影:週刊つりニュース中部版編集部)

WINGでサワラ&青物狙い

さて、当日は午前5時半に大井漁港に集合。ほどなく鈴木翼船長が操るWINGが入港。篠島のルアー船は、出船時間に合わせて南知多の港に迎えに来てくれるシステム。

この日は6人の乗合で、右舷左舷に3人ずつに分かれて釣り座を構えた。私は左舷胴の間。船長に聞くと、潮が複雑なのでまずは浅場のサワラ、青物から狙うようだ。

使用するメタルジグ

走ること40分ほどでポイント到着。水深は20~25mだが、海は水潮が入ったように濁っており、潮も速いようだ。

ジグは浅場では重めの120~150g。スロージギングでも釣れないことはないが、最近はタングステンのTGベイトやZ4などのノーマルジグが有利なことが多いらしい。

伊勢湾ジギングに挑戦 フォールで『極太サワラ』手中【愛知・WING】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

「ブリブリ」のハマチをゲット

船長の合図でいざジギング開始。ほどなく右舷トモで釣っていた知多の阪井さんにヒット。フォールでうまく食わせた魚は、浅場ということもあって走りまくる。

それでも阪井さんは、絶妙なロッドワークで魚を浮かせてランディング。サイズは50cm超、ブリブリに太ったハマチだ。長さはともかく、太さは目を見張るものがあり、これは間違いなくうまいヤツだ。

伊勢湾ジギングに挑戦 フォールで『極太サワラ』手中【愛知・WING】阪井さんは開始早々から大ハマチ(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

極太のサワラ登場

さらに次の流しで、阪井さん連続ヒット。「船長、タモお願いします!」という声を見に行ってみると、水面で暴れまくるサワラが目に飛び込んできた。翼船長の素早いネットランディングで、血しぶきをまき散らしながらサワラが船上に横たわった。

伊勢湾ジギングに挑戦 フォールで『極太サワラ』手中【愛知・WING】阪井さんが極太のサワラもゲット(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

フォールでヒット多発

船上のボルテージはさらに上昇。気合を入れてジグを落とす。阪井さんに聞くと、サワラもフォールでのヒットだったようで、シャクリよりもフォールの回数を多くすること心がける。もちろんサミングでラインの動きや伝わる感覚には、全神経を集中させる。

だが次のヒットも阪井さん。今度は大ハマチだ。何が違うの? と聞きたくなるが、続けて右舷胴の間でも大ハマチが上がる。

伊勢湾ジギングに挑戦 フォールで『極太サワラ』手中【愛知・WING】こちらも大ハマチキャッチ(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

ようやくサワラをゲット

内心募る焦りを抑えつつ、ジグを落としてはシャクリを繰り返していると、着底前にラインがフケた。

慌ててアワセを入れ巻き上げると、水面近くで一気に走る。少ないチャンス、逃してたまるかと慎重にリフトすると、船長がこれまた絶妙なネットイン。丸々の極太サワラだ。ハマチもいいけど、コイツも間違いなくうまいはず! 続けて隣で釣っていた江南の西田さんにもサワラがヒット。

伊勢湾ジギングに挑戦 フォールで『極太サワラ』手中【愛知・WING】江南の西田さん時合い終盤にナイスなサワラ(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

次のページは『海の幽霊』を狙う!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。