都内屈指のハゼ釣り場:大井ふ頭中央海浜公園 1時間で100尾の釣果も

都内屈指のハゼ釣り場:大井ふ頭中央海浜公園 1時間で100尾の釣果も

関東のおすすめ陸っぱり釣り場を紹介。今回は、東京屈指のハゼ釣り場「大井ふ頭中央海浜公園」のポイント、オススメタックルを解説しよう。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

タックルとエサ

竿は岸際用の2m前後の短竿と沖目用の3~4mの長めの竿があると安心。エサはベビーホタテがおすすめ。貝柱の部分を小さく切り裂いてハリにつけるといい。

その他、定番の生きエサとして青イソメ、魚の食いがいい時は人工エサでも手軽に楽しむことができる。

時間帯は満潮の朝がベスト。暑くなる前にサクッと釣りたい。地元の常連さんは早朝から初めて船が動き出す8時頃には帰っていく。

<週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
大井ふ頭中央海浜公園
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年8月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。