今さら聞けないアジングのキホン:ワームの選び方 初めは5種あれば十分

今さら聞けないアジングのキホン:ワームの選び方 初めは5種あれば十分

釣具店のアジングコーナーには色んな種類のワームが置いてある。今回は、長さ、カラー、形をどのように決めていけば良いか、解説しよう。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジングワームの長さ

まずはアジングワームの長さについて解説しよう。

ワームサイズの幅

流行のアジングで使用するワームは、小さいものなら1inch、大きいものでは3inch程度と、かなり幅広い長さのワームを使用する。それならば、メインで集めるべきは、その中間をとって2inchか?とも思われるが、実はもう少し小さめにした方がいい。

標準は1.5inch

アジングワームは1.5inch程度が目安となる標準サイズだ。ほとんどのアジは、プランクトンを主食としている。つまり、アジングにおいてはワームをプランクトンの塊のように見せなければならない。

そのために「止め」の釣法で誘いをかける訳だが、その際、1inch程度のワームだと、小さすぎて視認されないケースがよくある。2~3inchだと、アピール力は高いが、活性が高くない場合には、アジの口に簡単に入らない。

そこで1.5inch前後というサイズ感が、ベストなゾーンとなる。ワームは1.5inchの長さを数種類。プラスして、低活性時用の1.3inch前後の小さめのものと、ハイアピールが必要とされるときの2inch以上もそれぞれ1種類ずつ持参しておくことをオススメする。

アジングワームのカラー選定

アジングワームのカラー選びがまた悩ましいところだ。アジは色盲と言われており、ワームも何も色は白黒の濃淡でしか判断がつかないらしいが、それでも明らかに「この色を偏食する」というアタリカラーが、その時々で存在する。なぜかは分からないが、確かにある。

カラーは2系統

ワームのカラーは大きく分けると、透けている「クリア」と、透けていない「ソリッド」の2系統だ。

今さら聞けないアジングのキホン:ワームの選び方 初めは5種あれば十分クリア&ソリッドの2系統カラー(提供:WEBライター・井上海生)

カラー別の使い分け

クリアはナチュラルに誘うもので、アミパターン時には必需品だ。ソリッドは水中でシルエットがはっきり出るもので、マイクロベイトパターンやリフト&フォールのリアクションバイト誘発に必要なもの。

では、具体的にどんな色がいいか。そこは、自分が「コレ」と思うもので。マストはどこでも投げられるクリア(色なし)と、夕マヅメに強い赤ラメ(できればグロー入り)だろう。

アジングワームの形状

次にアジングワームの形状について解説しよう。ワームにはそれぞれの引き抵抗、ボディ形状が水中に生じさせる「波動」がある。アジは基本的に大きな波動を嫌う魚で、ましてや今はほとんどがプランクトンパターン。あまりアピールしすぎる形はよくない。そのため、形はストレートが基本となる。その他の形に関しては、釣り人の好みで。

筆者が多用するワーム

現在、各メーカーから企画、発売されているアジングワームは、ほとんど釣れないものはない。ただ、極端に大きなもの(3inch以上)などは、汎用性が低いので避けた方が良いだろう。

私がよく使うタイプは、リアクションバイトを狙った球形のリブ(?)がついたものと、プランクトンパターンでじっと見せることを意識した「ファット系」のワームだ。

今さら聞けないアジングのキホン:ワームの選び方 初めは5種あれば十分筆者が多用するワーム形状(提供:WEBライター・井上海生)

次のページでワームの正しい刺し方を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。