都内屈指のハゼ釣り場:大井ふ頭中央海浜公園 1時間で100尾の釣果も

都内屈指のハゼ釣り場:大井ふ頭中央海浜公園 1時間で100尾の釣果も

関東のおすすめ陸っぱり釣り場を紹介。今回は、東京屈指のハゼ釣り場「大井ふ頭中央海浜公園」のポイント、オススメタックルを解説しよう。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

大井ふ頭中央海浜公園とは

東京都品川区の京浜運河沿いに立地し、野球場やテニスコート、陸上競技場などのスポーツ施設が充実した「スポーツの森」と運河沿いの自然豊かな緑と水辺でバードウォッチングや釣りなどが楽しめる「なぎさの森」で構成される面積約45ヘクタールの大規模な都市公園。

都内屈指のハゼ釣り場:大井ふ頭中央海浜公園 1時間で100尾の釣果も釣り場略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

都心から車でも電車でもアクセスが容易なため、季節を問わず訪れる人が多い。

おすすめターゲットはハゼ

8~9月に最盛期を迎えるハゼ(マハゼ)がメインターゲット。本公園は江戸前のハゼ釣り場として人気。魚影が濃く、手軽に楽しめる。釣り初心者でも簡単に釣れる。6月頃から5cm前後が連れ出し、夏休みに入る8月頃には7~8cmが主体で、中には10cm級の良型も交じる。プルプルと竿先を揺らすこの釣りは初心者からベテランまで楽しませてくれる。

「なぎさの森」のハゼ釣り場

釣り場は「なぎさの森」にある。東京モノレールの大井競馬場前の勝島橋から臨海斎場前までの京浜運河沿いの約1kmの区間。この間に以下のおすすめの釣り場がある。

1.しおじ磯

東京モノレール大井競馬場前駅から最も近い釣り場。岸から6m先ぐらいまでゴロタ石や岩が人工的に並べられた磯で、岸際の水深は50cm前後。磯の先からだんだんと深くなり、運河の中央部で水深5~6mに達する。

岸際の浅場が狙いめ。全体がポイントといってよく、石と石の穴狙いで2m前後の短竿にミャク釣り仕掛けで探ると釣果が上がる。

お気に入りポイントはモニュメントの土台周辺で岩に囲まれた砂地が多いのが特徴。過去には夕マズメに土台際をシモリ仕掛けで探り、10cmオーバーを連釣した。

都内屈指のハゼ釣り場:大井ふ頭中央海浜公園 1時間で100尾の釣果もしおじ磯のモニュメント(提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

南端の桟橋前もハゼの付き場である。船が通った後の波の影響が少ないため、ウキ釣りやシモリ釣りで狙えるが、沖を広範囲に探ったほうが効率的。竿は3m以上ほしい。

今春、歩道の改修とパーゴラやベンチなどの新設が行われ釣りしやすい環境が整った。トイレはなぎさの森管理舎が最寄り。

2.夕やけなぎさ

運河沿いに整備された全長約30mの小さな浜。バーベキュー場(現在閉鎖中)が隣接しているためきれいなトイレや手洗い場、足洗い場がある。

水深は50cm~1mと遠浅。底は砂で所々に頭大の石が点在している。浜から運河に向かって右側は柵で仕切られており、干潟保全地区(立ち入り禁止区域)になっているため、釣りは厳禁。

都内屈指のハゼ釣り場:大井ふ頭中央海浜公園 1時間で100尾の釣果も立ち込んで沖を狙うといい(提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

好ポイントは干潟保全地区側で、立ち込んでのミャク釣りや立ちウキによるウキ釣りなど好みの釣り方で狙える。型は5~7cmの小型が多いが数釣りが楽しめる。常連さんは3.6m以上の竿で沖目を狙い、食いがいい時で1時間に100尾以上釣るようだ。

アカエイが多く見られるため立ち込むときは丈夫なウォーターシューズを履くかウェーダー着用が無難。

次のページでタックルとエサを解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。