東京湾アカムツ釣り入門 都心から電車釣行で高級魚「ノドグロ」が狙える

東京湾アカムツ釣り入門 都心から電車釣行で高級魚「ノドグロ」が狙える

超高級魚として知られる「ノドグロ(アカムツ)」だが、意外にも東京湾で「お手軽に」狙うことができる。今回は、金沢八景「新修丸」からのアカムツ釣りを紹介したい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

船釣り エサ釣り

新修丸でお手軽アカムツ釣り

今回お邪魔した新修丸は金沢八景にある船宿。金沢八景は電車なら京急線、車でも首都高でサクッとアクセスできる。

また新修丸のアカムツ船は7時20分出船で、比較的遅めの出船である。電話1本で快く駅まで送迎までしてくれるので、電車釣行派の皆様でも、あの高級魚「アカムツ」を狙うことができるのだ。

東京湾アカムツ釣りの仕掛け

次に、東京湾でのアカムツ釣りの仕掛けと特徴を紹介しよう。

ライン

新修丸では、道糸はPEライン2号厳守となっている。その理由は道糸に対する潮の影響を減らし、深場とはいえなるべく軽いオモリを使いたいからである。オモリは軽めの100号と120号を用意しよう。

仕掛け

針数2~3本の胴付き仕掛けを使用する。

エサ

エサは、サバの切り身のちょん掛け。ホタルイカも船宿で販売しているが、個人的には東京湾ではサバの切り身が最適だと思っている。

狙う水深

東京湾におけるアカムツ釣りの場合、狙う水深は160~220mくらいとなる。

多彩な外道たち

本命アカムツを狙っていると、クロムツ、シロムツ、ユメカサゴ、ドンコなど、多彩な外道が釣れる。外道とはいえ、高級かつ美味な魚が多いのもこの釣りの魅力だ。

東京湾アカムツ釣り入門 都心から電車釣行で高級魚「ノドグロ」が狙える高級な外道も魅力(提供:WEBライター・古谷健太)

アカムツの釣り方を実釣解説

次に、新修丸での実釣を通してアカムツの釣り方を解説しよう。なお、釣行日は6月5日、天気は快晴、風も弱く、絶好の釣り日和となった。

誘い方

出船から約50分程度でポイント到着。水深160~220mのポイントを流していく。アカムツのタナはほぼ海底であるため、仕掛けを海底まで落とし、糸ふけを取って待つ。これが基本の釣り方となる。

置き竿で船の揺れに任せたり、ゼロテンションで仕掛けを維持したり、誘い上げからタナを取り直したりするのも有効である。

アカムツのアタリ

アカムツの場合、「ガツガツッ!」というような、はっきりとしたアタリが竿に出る。小さなアタリであったり、静かなアタリは本命ではない可能性が高い。

アワセ

アカムツのアタリが何度が出た後、しっかりと食い込ませたところで、竿を煽りながらリールを手巻きしてアワせよう。強くアワせすぎると口切れする可能性があるため、ほどよい強さに留めること。

巻き上げと取り込み

アカムツは意外と口が弱くバレやすいので、巻き上げは電動リールの中速でゆっくり巻き上げよう。水面まで上がったらサイズにかかわらず、タモを使って確実に取り込もう。アカムツの引きの強さと、巻き上げの緊張感をぜひ味わっていただきたい。

東京湾アカムツ釣り入門 都心から電車釣行で高級魚「ノドグロ」が狙える電動リールの巻き上げは中速で(提供:WEBライター・古谷健太)

当日の最終釣果

皆さんご存じのとおり、アカムツは高級魚である。そうバンバン釣れるものではない。しかし、この日の釣果は本命6匹と絶好調。中には一荷で釣れてくることもあった。こんなにお手軽に高級魚が釣れてしまうのだ。

東京湾アカムツ釣り入門 都心から電車釣行で高級魚「ノドグロ」が狙える当日の釣果(提供:WEBライター・古谷健太)

次のページで釣果アップのコツを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。