【2020初夏】波止タチウオ好釣り場:和歌山マリーナシティ

【2020初夏】波止タチウオ好釣り場:和歌山マリーナシティ

大阪や神戸では、波止のタチウオ狙いは夏の終わりから冬までがシーズンだが、紀北では一足先に釣れ始め、良型が釣れることが知られている。今回はそんな紀北の釣り場の一つ、マリーナシティのポイントを紹介する。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

紀北のタチウオ

6月になり、海水温が上昇してくると、和歌山県・紀北の波止場では、抱卵したタチウオが接岸を始め、夏タチ狙いの好シーズンに入る。この時期は、小型が少なく、釣れれば80cm以上で、メートルオーバの良型が交じってくるのが特徴だ。

その後8月に入って産卵を終えると食いが渋くなるが、9月になると小型の群れが接岸してきて、秋の数釣りの好シーズンに入る。紀北には、タチウオの狙えるポイントが多くあるが。今回は、マリーナシテイの沖向きの護岸のタチウオポイントを紹介する。

【2020初夏】波止タチウオ好釣り場:和歌山マリーナシティマリーナシティの釣り場(提供:WEBライター・谷口墨人)

マリーナシティ

マリーナシテイは、海南市にあり、遊興施設がある埋め立て地だ。西に向いている沖向きの護岸は、足場がよく、休日でも釣り座に困らないほど釣り場が広い。また、駐車場やトイレが完備されている、便利な釣り場だ。

沖向きの護岸一帯がタチウオのポイントで、その中でも防波堤の南北の端付近が潮通しがよく、特にタチウオの好ポイントになっている。

【2020初夏】波止タチウオ好釣り場:和歌山マリーナシティ南北の端が潮通しがよく狙い目(提供:WEBライター・谷口墨人)

タチウオ以外の対象魚

マリーナシテイの護岸は、沖向きに突き出ていて水深があるので、タチウオの他に、アジやイワシが群れで接岸してくる。そして、これに付いてくる、ハマチやサゴシなどの青物、カマスやアオリイカ、コウイカも狙える。

また、海底は砂底なので、投げ釣りでキスが狙える。ゆっくりと引き釣りをすると、20cmクラスの良型が釣れる時もある。また、釣れたキスにヒラメやマゴチが食い付いてくる時があるので、気が抜けない。

【2020初夏】波止タチウオ好釣り場:和歌山マリーナシティ足場がよく釣りやすい(提供:WEBライター・谷口墨人))

緊急事態宣言が解除されても、気が抜けない時があると思うが、屋外で、三密を避けて、のんびり釣りを楽しんでほしい。

※記事内に登場する釣り場の現在の立ち入り可否状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
和歌山マリーナシティ大波止

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。