三国沖イカメタルが開幕 大型マイカを狙う【福井・シーライオン】

三国沖イカメタルが開幕 大型マイカを狙う【福井・シーライオン】

今年はマイカの開幕が早く、福井県の各所で釣れ始めた。シーズン初期に大型マイカがよく釣れる三国沖へ、5月17日にイカメタルへ出かけた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 福島忠明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

シーライオンでイカメタル

5月17日午後5時半に、福井県坂井市にある九頭竜川ボートパークに到着。乗船したのは、モンスターマダイで有名なシーライオン。「三国で一番熱い船長」と呼ばれる同船の水口船長は、イカメタルにかける情熱も激アツ。今夜もホットなマイカスポットを、きっと引き当ててくれるはずだ。

三国沖イカメタルが開幕 大型マイカを狙う【福井・シーライオン】乗船したシーライオン(提供:週刊つりニュース中部版 福島忠明)

午後6時すぎに出船。20分ほど走って着いたポイントは水深80m。まずは試しで投入が行われ、船長が潮を見る。流速も好適で、そのまま本番スタートとなった。

開始早々マイカ登場

私は、レベルスッテ20号(白/赤ハチマキ)+エギ2号(オレンジ系)を組み合わせ投入。まず、ボトム付近を探っていく。そうしているうちに、当日の1匹目を常連さんがキャッチ。開口一番から本命のマイカが登場し、好スタートとなった。

その後、左舷や大ドモでマイカやスルメイカがポツポツ上がったが、なかなか連発といかない。臨機応変な対応を主とする水口船長は、イカの活性が上がるまで待ちたい気持ちもあったが、ここは見切って新たなポイントへ移動した。

三国沖イカメタルが開幕 大型マイカを狙う【福井・シーライオン】マイカキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 福島忠明)

次のポイントでも、到着直後にマイカが連打で上がったが、ここも早めに見切り、船は第三のポイントを目指した。

ポイント移動奏功で連打

ロスタイムを考えると移動はギャンブルだが、先日の調査では、1人当たり毎時10匹ペースで釣れていたとのこと。マイカがドッサリいる場所がどこかにあるはずだ。その日の夜の一番のホットスポットでアングラーに釣りをさせたい。常に前向きな水口船長らしい決断だ。

こうして到着したのは、水深70m弱のポイント。しばらくすると、ベイトの群れが二層式に集まり、まずはボトムで、続いて35m付近で連打が始まった。

相次ぐタナ変動で混乱

特大サイズを狙い撃つ場合を除き、通常マイカを狙う際は、スルメイカの層より上を狙うのが原則。マイカの群れの層が、スルメイカより上に形成されるからだ。しかし、このときはマイカとスルメの配置が逆転し、タナも激しく変動した。最初はボトムでスルメ、中層でマイカが上がっていたのが、唐突に逆転したり。

三国沖イカメタルが開幕 大型マイカを狙う【福井・シーライオン】続々登場(提供:週刊つりニュース中部版 福島忠明)

このような変動を繰り返し、優柔不断な私は混乱。おかげで、誰かがマイカを上げるたびに後追いでタナを変え、ようやくおこぼれを手にしたころには、常連さんが新たにホットなタナを探り当て、着々と釣果を追加。私は再びおっとり刀で後追い……。というなんとも情けない流れに。

終盤はタナ安定しパラソルも

しかし、時間の経過とともに、マイカの層も安定し、終盤は50m台半ば~60m台で、マイカ釣りらしい連発モードに突入し、パラソル級も手にすることができた。

三国沖イカメタルが開幕 大型マイカを狙う【福井・シーライオン】お土産十分(提供:週刊つりニュース中部版 福島忠明)

当日の私の釣果は寂しいものだったが、加藤さんや小林さんら常連の人は、ともにマイカとスルメイカで十分な数のお土産をゲットしていた。

マイカは0.5Lペットボトルサイズ以上のメタボな個体が中心で、帰宅後さばいて分かったが、スルメイカも肝が肥大したイカゴロ焼きや、塩辛作りに最適なものばかり。塩辛好きの私には、うれしいお土産となった。

次のページで当日ヒットパターンを解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。