親子でコマセ五目船を満喫 60cm級マダイヒットで大喜び【静岡・藤丸】

親子でコマセ五目船を満喫 60cm級マダイヒットで大喜び【静岡・藤丸】

4月4日、娘と藤丸にてコマセ五目釣行をした。60cm級の良型マダイがヒットしたのは、まさかの娘の竿。大喜びの釣行をレポート。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

藤丸からコマセ五目で出船

3週連チャンだが、集合時間は毎回違う。この日は遅くて焼津市大井川港の藤丸に午前5時に港での集合で、釣り人は私と娘を入れた3人。私たちは右舷の前に娘、後ろに私と釣り座を取った。

軟らかめの船ザオに電動リールをセットして、片テンビンに100号のオモリとコマセカゴをセットする。2mm1mのクッションゴムにハリス4号4mで、マダイバリ10号のチモトに夜光玉を入れたオリジナル2本バリ仕掛けを用意。エサはオキアミだ。

用意ができて出港となり、港を出るとベタナギで、30分ほどでポイントの焼津沖へ到着した。この日も焼津沖から大井川沖で流す予定で、タナは25~35mの間。その都度、船長の指示で1m刻みでタナを変え、そして船長の合図で投入する。

娘のサオに60cm級良型マダイ

コマセカゴにコマセを入れ、なるべく違和感がないようにコマセの中からつけエサを選びハリに刺す。そして、最初はコマセが多く出るように設定する。船内で誰かにアタリが出たらコマセがポロッ、ポロッと出るぐらいギリギリまで締める。私だと、コマセカゴに半分詰めて、3~5回でなくなる量だ。

そして第1投。仕掛けがナジみ誘いを入れ、サオをホルダーに置こうと思った時にアタリがきた。そのまま上げると20cmのマダイで、幸先いいスタートだ。すぐに次を投入すると、またアタリ。なんと小型だが、またマダイだ。これはと思い、すぐに次を落とすが、ここでアタリが遠のく。

すると、隣の娘のサオが入った。しかも、すごい角度でサオが曲がり、リールもうなって時折逆転。もしやと船長が後ろからアドバイスする。私はタモを持ち、リールが止まって娘がハリスを手繰るが、「重い」と言って上がってこない。船の下に大きな魚体が見えた。マダイだ。娘が引っ張れないので、タモを突っ込んでマダイをすくい上げる。なんと娘が大喜びの58cm2.1kgの良型マダイだった。

親子でコマセ五目船を満喫 60cm級マダイヒットで大喜び【静岡・藤丸】58cmの良型マダイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

オオモンハタと大アジも顔出し

まだいると思い誘いを入れるが、また娘のサオが曲がって小型のマダイ。その後に沈黙の時間が流れ、私のサオが曲がって重量感があり、ドキドキしながら上げると、良型のオオモンハタだ。

親子でコマセ五目船を満喫 60cm級マダイヒットで大喜び【静岡・藤丸】良型オオモンハタに満足顔(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

潮が止まっており、しばらくゆったりと時が流れ、潮が動きだすとアジの食いが良くなったが、僚船も10隻ほどいて、コマセワークのいい船に寄ってしまう。ここで船長が船団から離れて大きく移動する。これが当たりか分からないが、船の下に群れがいる。だが、この群れは豆アジから大アジまでと差が大きい。エサを入れてコマセをまき、ハリスがナジむとアタリがくるが、なかなかサオを絞り込むようなアタリがこない。だが耐えて、エサを替えて投入を繰り返すと、サオを絞り込む引き。30~40cmの良型アジが顔を出してくれる。

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。