タイラバゲームで70cmマダイ浮上 長めのスカートにヒット【Trip】

タイラバゲームで70cmマダイ浮上 長めのスカートにヒット【Trip】

3月18日、TEAM雑魚の岸本さん、原田さん、私の3人で北九州市・戸畑港のTrip(トリップ)に乗り込み、タイラバ&ジギングにトライした。この日は本命のマダイ70cmにスズキをゲットし、納得の釣行となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

30mラインは不発

ポイントは、前日からの強いウネリが残っていたので、最初は白島近くの水深30mラインをドテラで流し始めた。水温は13.5度とまだまだ低い中、皆さん思い思いのジグやタイラバで起伏の激しいポイントを丹念に攻めている。私はオレンジ色のタイラバをチョイスして攻めることにした。

リーダーはデカバンのヒットに備え5号をセットし落としていくと、フォール中にいきなりガツンとアタリがあったので咄嗟(とっさ)にアワセを入れた。一瞬ロッドに乗ったのだが、すぐに軽くなりタイラバの重さも感じなくなった。多分、大型のサワラだったのか姿を見ることなく切れたラインが虚しく風になびいていた。

船上ではぽつぽつとマダイやアラカブがヒットしている中、岸本さんに40cmのマダイが釣れ、その後、原田さんにも良いアタリがあり青物らしき姿まで確認できたが、タモ入れ寸前でバラしてしまった。

タイラバゲームで70cmマダイ浮上 長めのスカートにヒット【Trip】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

50~60mラインで本命70cm

ウネリの様子を見ながら船は水深50~60mラインに移動した。ここでヘッドを100gにチェンジしてスカートを20cmと長くしてみた。ドテラの場合、ヘッドがステイしたら船が流れる速さと、ラインを巻くことによりヘッドが浮き上がる速さをイメージして巻く速さを決める。海底から25m付近まで反応が出ているので、必ずアタックしてくるはずだ。

そして10回ほど巻いた時、タイラバ特有のネクタイに食いつくアタリではなく、「グーン」と押さえ込んできた。大きくアワセを入れ、戦闘態勢に入る。ドテラの流れが加わり相当デカく感じるが、内臓が飛び出ないように優しく巻き上げる。ようやく浮いてきたのは70cmのきれいなマダイだった。

皆さんの協力で、内臓が飛び出ることなく取り込むことができたので、すぐにリリースした。

タイラバゲームで70cmマダイ浮上 長めのスカートにヒット【Trip】70cmのマダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山崎和彦)

帰りに朝のポイントでスズキも

その後、同船者に65cmのマダイが釣れ、帰りには朝イチのポイントでもう一度流して70cmのスズキが釣れ、この日は終了となった。今年はマダイの乗っ込みが早いような気がするので、これからがさらに楽しみだ。

天候も安定し、沖に出られたらマダイや青物の確率も高くなると思われる。

タイラバゲームで70cmマダイ浮上 長めのスカートにヒット【Trip】きれいなマダイがサオを曲げた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山崎和彦)

<週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Trip
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。