【釣った海水魚を飼育してみよう】アイテム編:必要な道具について

【釣った海水魚を飼育してみよう】アイテム編:必要な道具について

身近で釣れる見慣れた魚を自宅の水槽で飼ってみると、釣り人たるもの、非常に心が癒される。さらに魚の行動を見ていると釣りに役立つヒントもかなり見つかる。今回は、海水魚を飼育するために必要なアイテムについて紹介したい。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

金魚やメダカ飼育と同じ

幼い頃に金魚すくいで貰ってきた金魚やメダカなどを水槽に入れて飼ってみた人は多いはず。さらには釣り好きはやはり魚が好きなので、大人になってからも魚を飼育している人も居るだろう。

海で釣ってきた見慣れた魚を飼いたい・・・と言うのは、基本的には金魚やメダカ飼育の延長上であり、水質や酸素など気を付けるべき事は海水と淡水の違いこそあれ同じである。

違いは塩分

大きな違いとしては塩分濃度、そして飼育する対象が海水魚である、と言う事だろう。塩分が含まれる水を扱うので、釣り具のリールなどと同じで金属部分はどうしてもサビてしまう事が多くなる。そのため、機械部分は、耐塩仕様のアイテムを選ぶ必要がある。

【釣った海水魚を飼育してみよう】アイテム編:必要な道具について海水も使えるアイテムを選ぶ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ホームセンターで揃うアイテム

さて、では海水魚を飼育するにはどんなアイテムが必要なのだろう。その辺りを魚の飼育用品全般を扱う、GEX(ジェックス)株式会社に聞いてみてた。担当者によると、ホームセンターなどでも手軽に入手できるアイテムで海水魚は十分長く飼育できるとの事。

飼育に必要なアイテム一覧

そこで、具体的に用意しておきたいアイテムとその役目を伺った。まず、一通りのアイテムを紹介すると
・水槽
・フィルター(ろ過装置)
・照明
・ヒーター
・エアーポンプ
・サンゴ砂
・底に敷く砂や石
・人工海水の素
・比重計
・プロテインスキマー
などが挙げられる。それでは1つずつ、その役目を紹介していこう。

1、水槽

もちろん魚を飼うなら必須なのが水槽だが、初めてや経験の浅い人は、置く場所や飼育する魚などを考慮の上、自分の手に負える大きさに止めておきたい。

水槽は大きくなるとそれだけ重量も増し、水替え一つにしてもかなりの重労働だし、海水も多量に用意しなければならない。また、重量がある分、きっちりと重量を受け止められる平らな安定した場所が必要だ。

【釣った海水魚を飼育してみよう】アイテム編:必要な道具についてホームセンターの水槽売り場(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

水槽の素材

水槽にはアクリル製やガラス製、プラスチック製などがある。アクリル製は軽量で透明感もあって衝撃にも強くて割れにくいが、かなり高価である。ガラス水槽は傷が付きにくく、比較的安価に売られているが重量が重い点が挙げられる。

基本的に大きな水槽ではアクリル製、自宅などで横幅が60cmくらいまでならガラス水槽と考えれば良いだろう。水族館の大きめの水槽などは、ほぼアクリル水槽である。

【釣った海水魚を飼育してみよう】アイテム編:必要な道具について水槽とろ過槽がセットの商品(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ちなみにプラスチック水槽は、よくカブトムシなどを飼う時に使用する飼育ケースなどがそうだ。表面に傷が付きやすく水槽にして魚を鑑賞するには少し物足りないかもしれないが非常に安価である。

と言う訳で、自宅で手軽に魚を飼育するなら、手ごろな大きさのガラス水槽がオススメ。

2、フィルター

いわゆる、水質を維持するために水をろ過する装置で、さまざまな形式がある。もっとも身近なのは金魚を飼育する時に水槽内に沈めて泡を発生させる時に泡の浮き上がる流れを利用して水槽内の水を取り込んでフィルターでろ過する小さなろ過装置などだろう。

ここで気を付けたいのが海水魚と言う特殊な魚を飼育する・・・と言う事。海水魚の場合、水槽の水が汚れやすく、やや強力なろ過システムを持っていた方が良い。そのため、まずはモーターで水を積極的に取り込むタイプがオススメ。

上面ろ過槽

家庭用として古くからよく使われているのは、水槽の上面に設置して、片方の吸水口から水を取り入れ、上部のケースの中にあるフィルターを通し、反対側から水槽へ水を出す、いわゆる循環の中で汚れを取っていくシステム。水槽の上部にろ過槽を設置するので「上面ろ過」と呼ばれる。

外付けろ過槽

その他、水槽の縁から外側に引っ掛けるように取り付け、上面ろ過同様に、水をモーターで吸い上げてフィルターの中を通してから水槽へ水を戻すが、こちらは上面ろ過槽に比べるとかなりコンパクトで、最近では「海水用」と銘打たれた商品も多く発売されており家庭のろ過槽としては人気がある。

【釣った海水魚を飼育してみよう】アイテム編:必要な道具について人気の外付けろ過槽(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

3、照明

これは部屋の中で飼育する前提となるが、部屋の蛍光灯の明かりよりも明るくする事で、しっかりと太陽の下で暮らす魚に光を与えてやる役目を果たす。

【釣った海水魚を飼育してみよう】アイテム編:必要な道具について照明も種類が多い(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

古くは専用の蛍光灯が使われていたが、最近ではやはりLEDライトが普及し、寿命や消費電力も低いので人気がある。こちらも、ほんの少しだが光の色合いが違っていたり、商品によって設定されている明るさもかわってくる。また、電気スタンド同様、デザインも様々なので、部屋に合わせたお好みのデザインを選ぼう。

次のページでヒーターやエアーポンプを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。