シーズン本格化のヤリイカ釣り 船中40cm頭に36尾【南房・大栄丸】

シーズン本格化のヤリイカ釣り 船中40cm頭に36尾【南房・大栄丸】

3月23日(月)、南房小湊の大栄丸から、本格化した同地のヤリイカ釣りに今期初挑戦。船中40cm頭に36尾の釣行をレポート。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

大栄丸からヤリイカ釣りに挑戦

港に着くとかなりの強風。大和田彰船長に様子を聞くと「北風だから出船できる」とのこと。右舷に3人、左舷2人。私は左舷ミヨシに座る。5時すぎに出港。予想通り波、風、ウネリがあり、船はゆっくり進む。

シーズン本格化のヤリイカ釣り 船中40cm頭に36尾【南房・大栄丸】多くの船が見られた(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明)

真沖の釣り場に到着。船団に合流し、入念な位置決めののち「水深190mです」と投入合図。しかし、風でツノが待ってしまい手前マツリしてしまうので、ツノを7本から5本に減らして投入。

海況がよくないので、「朝が勝負」と予想。仕掛けの中央に紅白スッテを配した自作の11cm5本ヅノ仕掛けで、シャクリを抑えた釣りを心掛ける。

シーズン本格化のヤリイカ釣り 船中40cm頭に36尾【南房・大栄丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明)

1投目は投入機を使用。強烈な二枚潮で海面のミチイトはトモ側に流れ、中層あたりではミヨシに大きく流される。イトフケ取って着底ができたが着乗りなし。

40cm本命ヤリイカゲット

ミチイトを立てて、電動の超低速で巻き上げながらゆっくりシャクって誘う。この作戦が成功。3、4回シャクると引っ張るような乗りで、引き込まれる。竿を持ってウネリをかわしたいが、とても重いので、ロッドキーパーに掛け中低速で巻き上げる。ヨリトリリングが見えて仕掛けをたぐると、スッテと一番下に胴長40cm本命。

シーズン本格化のヤリイカ釣り 船中40cm頭に36尾【南房・大栄丸】本命キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明)

大流しのため、すぐに次投。席に余裕があったので吹き流しで投入する。

船中順調に数伸ばす

8時すぎに移動。ここまですでにツ抜け。中大型主体で小型やサバは交らない。それにしてもあの細い体からは想像できないほどパワーがあり引きが強く楽しい。

左トモのKさん(館山市)は沖干しを作成。仕掛けは11cmブランコの10本バリ。強風のなか見事に操作。

シーズン本格化のヤリイカ釣り 船中40cm頭に36尾【南房・大栄丸】沖干しは釣り人の特権(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明)

右舷ミヨシは仲間と2人で乗船した菊池さん、「14cmの仕掛けです」と言って釣果を見せてくれた。その後も順調に数を伸ばし竿頭。各自いろいろな工夫をしている。

シーズン本格化のヤリイカ釣り 船中40cm頭に36尾【南房・大栄丸】ヤリイカ手中(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明)

釣果が20尾を超えたところで、体力を消耗したので電動リール内蔵の電動シャクリを試し追釣。

波、風は収束せず11時前に沖上がり。釣果は25~40cm15~36尾。サバは数尾。魚影は濃く今後も十分狙える。

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:大栄丸
シーズン本格化のヤリイカ釣り 船中40cm頭に36尾【南房・大栄丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。