地磯ショアジギング&エギングゲーム ヤズにアオリ手中【熊本・天草】

地磯ショアジギング&エギングゲーム ヤズにアオリ手中【熊本・天草】

3月24日、午前5時に釣友の原さんと漁港で待ち合わせをして釣り場まで行く。今回は地磯から何か狙えるものを狙おうと他魚種狙いでの釣行だ。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

まずはショアジギでヤズ手中

まずは本渡牛深線26号牛深寄りに点在する地磯に入る。青物~エギングタックルまでを持って行き、釣り開始。エギングロッドを使い、キャスティングタイラバを試すが「パッとせんな~。ん?」足元に小指ほどのベイトが。

すぐにショアジギに転戦。ロッドをクレイオス106TP-1に持ち替え、パワーブレード30イワシブルーを遠投し、着底と同時にゆっくり引いて来る。

すると「ゴッ!」「来ましたよ~!」「首を振るけど全然引かない。何これ?」途中まで寄せた所で「ジッジィィー!」「いきなり引き出した(笑)」「青物、ヤズかな?」どんどんゴリ巻きし寄せるとヤズ。原さんにタモ入れをしていただき写真を撮る。

地磯ショアジギング&エギングゲーム ヤズにアオリ手中【熊本・天草】手応え十分のヤズ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

後を狙うが反応がない。近くの地磯に移動し、釣りを再開するが単発ボイルがあっただけでアタリがない。時間だけが過ぎて行き、完全に青物を見切り、可能性があるエギングにシフト。

魚貫の地磯で600gアオリイカ浮上

魚貫(おにき)方面の地磯。ここは大きなワンドになっており、そのワンドの入り口付近を回遊してくるアオリイカ狙いで入る。だが思った以上に北西からの風と、南側からのウネリで先端外側はウネリと風。

アオリイカはいるがエサを食べる場所じゃないと思い先端裏側に入り沖のシモリを狙うと、2投目でラインが走りアワセを決める。「いいアタリやったな~!」上がって来たのは600gほどのアオリイカ。だがまた後が続かず北西の風が強くなってきた。

強い風をカバーできる所をマップで探し、苓北町志岐でだが100gの小型のアオリイカとコウイカが釣れただけで、まだ原さんはノーバイト。「ん~通詞島に行くかな」。

通詞島シャロー帯で追釣り

通詞島に到着し、完全に真っ暗になる直前、すぐに原さんに潮上を打たせ「シャロー帯なのでフォール3秒でお願いします。活性が高い個体なら浮いてますんで」と伝え、その2投目「あ、引っ掛かりました。あ!来てます!」タモを用意し無事にキャッチ。価値ある1尾を手にした原さん。ここで完全に夜になったため帰路に就いた。

地磯ショアジギング&エギングゲーム ヤズにアオリ手中【熊本・天草】原さんも価値ある1尾(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
下島周辺
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。