春の陸っぱり夜釣り堪能 ウキ釣りで86cmスズキに前打ちでアオハタ

春の陸っぱり夜釣り堪能 ウキ釣りで86cmスズキに前打ちでアオハタ

春がやってきた。地元の小川では、産卵のためかコイがバタバタとソ上し始めている。3月11日、ウキ釣りでスズキを狙いに出かけた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・永井博文)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

強風のなかスズキ狙いに出発

帰宅すると、「おかえりなさい」ではなく、「強風注意報が出ているし、夜はものすごく冷えると言っていたので」というお言葉。途中から聞こえていないことにした。

愛車に道具を乗せてスタンバイOK。「おかえりなさい」を言ってくれなくても、大きなおにぎりとおかずを用意してくれた。水筒には私の好きな熱々の玉露と濃厚ブラックコーヒー。家内に文句は言えない。

今回は新しい釣り場所を探してみようと思い、高砂屋でエサを購入する際、大将にアドバイスをもらう。計画もなく家を飛び出したため、今回は虫エサだけで勝負する。

大将お勧めの8号地、9号地では、クロダイが乗っ込みシーズンに突入。大物の釣果を待っていると言われたが、明るい時間に下見していないため情報不足。2時間ほど移動したが、結局「都会の港」は諦めた。

ここで、工場のネオンを見ながら夕食を取る。強風のため車内で食事したが、クリスマスのネオン以上にきれい。ぜいたくな夕食となった。

春の陸っぱり夜釣り堪能 ウキ釣りで86cmスズキに前打ちでアオハタ工場の明かりが美しい(提供:週刊つりニュース中部版 APC・永井博文)

朝マヅメに向け仮眠

知多市運動公園横の船着き場に到着。魚が生息していそうな気配はあるが、ロープばかりで引っ掛かり放題。ハリは予備をたらふく持参したがエサがなくなってしまうので、この場所も諦めた。

大野漁港を通過して鬼崎漁港に到着。この強風でもルアーマンがいたので声を掛けると、狙いは根魚とのこと。スズキを狙う私とは方向性が違う。「エイはいるけれど、マダカの姿は見ないなぁ」と言われてしまった。

まずは様子を見ようと落とし込みタックルをセットし、虫エサを付けて超前打ち。1投目から手のひらサイズのカサゴがハリに乗って遊んでくれた。やはり大物はいないのかなぁ。

午前8時の満潮に向け、朝マヅメを狙うために今は我慢の仮眠時間。家内にも「心身ともに休まないとケガの元です。眠さの中でサオを振っても魚に嫌われますよ。休めるときはしっかり休んでくださいね」と言われている。たまには言うことを聞かないといけないな。

強風でウキ釣り苦戦

日付が変わって12日の午前1時半に起床。2カ月前の釣行と同じ愛知県半田市の衣浦海底トンネル(半田側)へ向かった。

一般車両の邪魔にならず、仕掛けが振り込みやすい場所を探して衣浦港務所ゲート前にたどり着いた。目の前が海、すぐ横に愛車を駐車できる。なんて都合がいい場所だろう、釣り場所決定だ。

春の陸っぱり夜釣り堪能 ウキ釣りで86cmスズキに前打ちでアオハタ車横付けポイント(提供:週刊つりニュース中部版 APC・永井博文)

目の前には真っ白なとても明るいお月様、そしてすごい強風だ。ウキ釣り仕掛けをセットして、力任せに「エイヤー」と投げ込んでみたが、強風と鈍くささが重なり、サオ先に仕掛けが絡んでクチャクチャに。

春の陸っぱり夜釣り堪能 ウキ釣りで86cmスズキに前打ちでアオハタタックル図(スズキ)(作図:週刊つりニュース中部版 APC・永井博文)

「前打ち」でも挑戦

急きょ落とし込みロッドも用意する。少しでも遠方へ投げ込むために、いつも使う発泡目印より2サイズ大きめを使用。浮力が大きくてなかなか沈んでいかないが、仕掛けは沖に流れていく。超前に振り込み、その後イトフケを何度も作ってやると10mほど沖まで流されてくれた。

春の陸っぱり夜釣り堪能 ウキ釣りで86cmスズキに前打ちでアオハタタックル図(ハタ)(作図:週刊つりニュース中部版 APC・永井博文)

次のページは45cmアオハタ&86cmスズキ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。