シーズン終盤のイワシの泳がせ釣り ヒラメ&マゴチを手中【忠栄丸】

シーズン終盤のイワシの泳がせ釣り ヒラメ&マゴチを手中【忠栄丸】

桜の蕾がほんのりピンクがかってきた今日このごろ。ヒラメ釣りも終盤となり、遊んでくれる魚がいればと愛知県・南知多町片名港の忠栄丸へ3月13日に訪れた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

忠栄丸で泳がせ釣り

午前5時ごろに駐車場へ到着。受け付けを済ませ、釣り座はじゃんけんで左舷胴の間に決まる。他の2人は左舷ミヨシと大ドモで、当日の釣り人は3人だった。「大型船を広々と使ってください」と船長。こんなのは初めてで、ルンルン気分で泳がせ釣り仕掛けをセッティングしていると、カモの群れが「行ってらっしゃい」と見送ってくれ、「行ってきます」と午前6時30分に出船となった。

シーズン終盤のイワシの泳がせ釣り ヒラメ&マゴチを手中【忠栄丸】カモたちがお見送り(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩)

期待込め投入も沈黙続く

途中でエサのイワシを補充して、午前7時10分ごろにポイントの中ノ瀬へ到着した。当日は晴天で微風、波高0.5mのベストコンディション。山下船長より、「水深34m。底で狙ってください」との合図で一斉投入となった。私は大きめのイワシを口掛け、孫バリは肛門の後ろに浅く刺して投入。着底後、イワシが底上1mほどで泳ぐようにサオで操作して、アタリを待つが沈黙が続く。

シーズン終盤のイワシの泳がせ釣り ヒラメ&マゴチを手中【忠栄丸】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩)

30分後、「ハマチが上がりました」とのアナウンスが流れ、私も続けと祈るが無反応。午前9時ごろにポイント移動となり、西土合の水深70mで再開となった。

潮の流れが速くてオマツリ続出。二枚潮の影響もあって三つどもえの絡み合いもあったが、大ドモではコチが上がる。次は私だと集中するが、アタリも押さえ込むまではいかず、回収すると歯形は残っていたので残念だった。

待望の46cm本命ヒラメ登場!

ポイント移動して、水深50mぐらいで繰り返して流していた時、ヒラメらしいアタリがあって2度、3度締め込む。

もう一度きたらアワせようと決め、グッと締め込んでアワセも決まり、重みを感じながらリールを巻き続ける。外れるなと祈りつつ、船長が差し出すタモへヒラメを誘導して46cmをゲットした。

続いてミヨシの人がサオを大きく曲げ、奮闘するも1mほどのシュモクザメ。大ドモの人が50cmほどのヒラメを上げ、潮も緩くなり食い気が出てきた魚へさらにアピールだと、ハリスを10cmカットして攻めのスタイルへとチェンジした。

最終釣果

探見丸にもベイトの反応が出ていて、小さなアタリが続いたところでアワセが決まり、抵抗は少ないが外さないよう慎重にリールを巻いて、マゴチ40cmをタモ入れして沖上がりとなった。

当日の釣果はヒラメ46cm、マゴチ40cm。アタリがあれども押さえ込みまではいかずに難しい釣りだったが、1匹の重みを感じる釣行となった。また、他の釣り人も釣果は同程度だった。夜はヒラメの薄造りとマゴチの煮付け。

釣りの難しさを感じながらノンアルコールで乾杯した。

※記事内に登場する船宿の営業状況については、直接お問い合わせください

<週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
忠栄丸
出船場所:片名漁協
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。