圧巻のマグロ連発で船中23匹 『トンジギ』で30kg級ビンチョウ浮上

圧巻のマグロ連発で船中23匹 『トンジギ』で30kg級ビンチョウ浮上

昨年末から追いかけているビンチョウマグロ。4回連続ボウズと釣果に恵まれない。何とか1匹。あわよくば20kg超えのタネトンを釣りたいと、三重県・志摩市沖に3月6日、単独トンジギ(ビンチョウジギング)釣行した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

志摩沖でトンジギ(ビンチョウジギング)

当日は申し込み順で私はトモを選択。隣は常連のマコトさん。彼は毎回マグロの釣果を上げており、トンジギ(ビンチョウジギング)の名手。ウィークデーだが、タックルをレンタルした初チャレンジャーも加え、8人で午前6時の出船となった。

深谷水道を抜け、ポイントまで約1時間。ポイントに到着すると、浅めの50mラインで流してと声がかかった。アイヤーロング220gのシルバーにダブルフックをフロントにセット。ライン角度を見ながら、フォール。少し深めでラインカラーの10色で開始した。

圧巻のマグロ連発で船中23匹 『トンジギ』で30kg級ビンチョウ浮上当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

ソフトな誘いで大型ヒット!

しばらくするとマコトさんと、ミヨシのアングラーにもヒット。開始早々から活性は高い。上がってきたのは1kg程度の本命だ。

早速彼のソフトに小さく誘うワンピッチワンジャークをまねる。すると、数投後にヒット。かなりの重量感だ。ドラグを鳴らしながらラインが出されていく。やがてマグロは動きを止めた。

「タネトンだ。ドラグを強くせず指ドラグでやれるだろう」と船長の声。アングラーのサオ下を駆け抜け、デッキに上がった。少しずつ寄せてはハンドルを一回転。寄せては一回転を繰り返す。20分、30分、だんだん腰が痛くなってきた。

30kg級『タネトン』浮上!

水面下にキラリと輝く魚影が見え、ラインが真下で回り始めた。一気に引き寄せ、モリを構えた船長がマグロの頭がこちら向いた時に突いたが、無情にも頭をかすめた。驚いたマグロは一気に走りだし、50mほどラインを引き出す。

ここは正念場。いったん体力を整え、もう一度引き寄せにかかる。再び水面に上がってくると、完全に横を向いた瞬間船長はエラ辺りを貫いた。2本のギャフで引き上げた。

圧巻のマグロ連発で船中23匹 『トンジギ』で30kg級ビンチョウ浮上船上への引き上げも2人がかり(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

私は疲れとうれしさで放心状態。マコトさんが「おめでとう」と、手を差し伸べてくれ、がっちりと握手。30kg級のタネトンだ。

次のページで圧巻のマグロ連発劇!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。