ユーは何しに日本へ?:中国四大家魚編 利根川水系のみで生息確認

ユーは何しに日本へ?:中国四大家魚編 利根川水系のみで生息確認

鯉に似た見た目で日本各地に出没している、中国からやってきた外来魚が4種類います。その名も「中国四大家魚」。今回は「ユーは何しに日本へ?特別版 中国四大家魚編」をお届けしていきます。

(アイキャッチ画像出展:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

『中国四大家魚』とは?

私たちは牛や豚などの動物を「家畜」として飼育し、食料としています。

中国には家畜に対して「家魚」という言葉があり、サカナを飼育し、食料としています。

中国で家魚の対象になっているのは主に4種類で『青魚(アオウオ)』、『草魚(ソウギョ)』、『黒連(コクレン)』、『白連(ハクレン)』というサカナたちで、これらをまとめて「四大家魚」と呼びます。

中国ではかなりポピュラーなサカナで、食卓にもごく普通に並ぶ大衆魚として広く愛されています。

では、それぞれのサカナを簡単に紹介していきましょう。

草魚(ソウギョ) 

コイ目コイ科クセノキプリス亜科に属する中国原産の淡水魚です。

体長は2mに達することもある大型魚ですが、日本にはそこまで大きいものはあまりおらず、最大でも体長1.2m程度と言われています。それでも十分大きいのは言うまでもありません。

食性は草食で、底の水草や水面に垂れた土壌の植物を好んで食べます。

日本では水草の食害がひどかったため、環境省が要注意外来生物に指定しています。

青魚(アオウオ)

コイ目コイ科クセノキプリス亜科に分類される中国原産の淡水魚です。

成長するとこちらも最大2mになります。

日本国内でも1.6mおよそ60kgの大型が釣られた記録があります。

食性は比較的雑食で水底の貝類などを好んで捕食します。

体長、体重があることから、スポーツフィッシングのターゲットにしている人もいるようです。

アオウオは中国では滋養にいい食材とされ、身の肉は薬膳材料、強壮薬などに利用されています。

白蓮(ハクレン)

コイ科ハクレン属に分類される中国原産の淡水魚です。

最大で1.3m以上にもなり、日本でも1m程度までのものが多いです。

見た目がかなり特徴的で、下顎が発達した受け口、顔のかなり下の方に付いた眼が独特の雰囲気のあるサカナです。

上下逆さまにしたような見た目から地方によってはシタメとも呼ばれこともあるようです。

食性は主にプランクトン食で、水を吸い込みながら海綿状になっている鰓耙(さいは)と呼ばれるエラの一部で、水中を漂っている植物プランクトンを濾しとって食べます。

黒連(コクレン)

コイ科ハクレン属に分類される淡水魚の一種で、ハクレンと共にレンギョと呼ばれることもあります。

ハクレンよりも成長が早く四大家魚の中でもかなり成長が早く、最大1.2mまで成長します。日本でも1mを超えるものが捕獲されています。

体長に比べて頭がかなり大きくなるのが一番の特徴です。

日本へ持ち込まれた理由

四大家魚はある時期、一斉に日本へ移入されました。

1878年頃に初めて日本に持ちこまれた四大家魚は、日本人のたんぱく源になるとして日本の川や湖、沼など各地に放流されました。『養魚』(後述)のように自然に繁殖する特性を活かす考えだったはずですが、日本ではこの食文化は定着しませんでした。

そのまま放置された四大家魚はだんだんと数を減らし、現在ではごく限られた地域でのみ確認されており、日本で生息が確認されているのは利根川水系でのみです。

各地で四大家魚の存在が確認はされていますが、いずれも自然繁殖したものではなく、当時放流されたものだと考えられています。彼らは寿命が長いのも特徴で、長生きのものだと70年以上生きると言われています。

放流されたのが90年代初頭だとすると、そろそろ寿命を迎えるものが殆どで、わずか数年後には国内の四大家魚の多くは絶滅するだろうと考えられています。中国の黄河や長江のように広大な利根川水系だけが、唯一彼らの繁殖に適していたと考えられています。

次のページで養殖とは異なる『養魚』のシステムを解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。