【響灘】沖釣り最新釣果 タイラバで83cmなど大型マダイが好調

【響灘】沖釣り最新釣果 タイラバで83cmなど大型マダイが好調

福岡県は響灘から沖釣り最新釣果が届いた。タイラバで83cmなど大型マダイだ浮上中。その他、アマダイ五目やイサキ五目も見逃せない!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:四季丸)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

光生丸

3月1日、北九州市若松区・北湊の光生丸がSLJ・ライトジギング・スロージギングで響灘に出船。朝イチはサワラ、マダイ49cm、レンコ、イトヨリなどをキープ。その後、徐々に沖へ移動しながらブリ6kg、ホウボウ、アヤメカサゴ、アラカブ、アジ、サバなどに加えヤリイカも交じり多彩な土産を持ち帰っている。

【響灘】沖釣り最新釣果 タイラバで83cmなど大型マダイが好調オフショアゲーム白熱(提供:光生丸)
▼この釣り船について
光生丸
出船場所:北湊泊地

GREEN

3月1日、北九州市小倉北区・高浜港のGREENが乗船者2人のリクエストを受けて、ひとつテンヤで響灘に出船。終日潮行きが悪かったようだが、良型マダイ3kgやヒラゴ2kgをバッチリ確保している。なお、今後はジギング・タイラバで出船。船長は「潮次第で好釣りが期待できます」と話す。

【響灘】沖釣り最新釣果 タイラバで83cmなど大型マダイが好調ひとつテンヤ堪能(提供:GREEN)
▼この釣り船について
GREEN
出船場所:高浜港

Elephant

3月1日、北九州市・小倉港のElephantがタイラバで響灘に4人で出船すると、大型マダイ83cm頭に80cm含め7尾をキャッチしたほか、ヒラマサ5kg頭に3尾、ブリ5kg頭に4尾、アコウ、ウッカリカサゴ、サワラ、アオナなども交え土産十分の釣果。船中ではバラシも多発しており、今後も乗っ込みシーズンのような大型マダイが期待できそう。

【響灘】沖釣り最新釣果 タイラバで83cmなど大型マダイが好調大ダイ83&80cm登場(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

太陽丸

3月1日、北九州市・小倉港の太陽丸が小倉沖~響灘に出船。この日は、常連の首藤さんと孫のノア君とアコちゃんがアマダイ五目釣りに挑戦し、1投目からアコちゃんが大人顔負けの見事な腕前を披露し特大アマダイをゲットすると、立て続けにもう1尾を追加。ほか、船中ではレンコ、イトヨリ、アコウ、サゴシなども交え土産十分の釣果が上がっている。

【響灘】沖釣り最新釣果 タイラバで83cmなど大型マダイが好調アマダイ五目快釣(提供:太陽丸)
▼この釣り船について:太陽丸
【響灘】沖釣り最新釣果 タイラバで83cmなど大型マダイが好調

誠昭丸

3月1日、北九州市門司・片上港の誠昭丸は、響灘にイサキ五目で出船。沖ノ島沖のイサキは25~40cmが40尾。ほかにも、マダイやヒラゴ、メダイ、クロもヒット。蓋井島沖のイサキは35cm前後が10尾。マダイやヒラマサも釣れた。

【響灘】沖釣り最新釣果 タイラバで83cmなど大型マダイが好調イサキ数釣り(提供:誠昭丸)
▼この釣り船について
誠昭丸
出船場所:片上港
TEL:090-8664-5756

四季丸

3月1日、北九州市門司区・大里港の四季丸は響灘・角島周辺へ、ひとつテンヤでマダイ狙いに出船。潮に悩まされながら、ディープテンヤにも挑戦した古谷さんは、見事5kgクラスのマダイを釣り上げ披露してくれた。船中10尾と厳しかったが、良型2尾がヒット。これからの乗っ込みシーズンが楽しみだ。

【響灘】沖釣り最新釣果 タイラバで83cmなど大型マダイが好調マダイ5kgクラス(提供:四季丸)
▼この釣り船について
四季丸
出船場所:大里港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。