【2020解禁直後】フライフィッシング好釣り場:千曲川水系・野辺山付近

【2020解禁直後】フライフィッシング好釣り場:千曲川水系・野辺山付近

長野県を流れる千曲川水系・野辺山付近は早期からフライで楽しめる。じっくり探るのもいいが、フットワークよく多数の支流を釣りながらランチタイムや温泉を楽しむコースもお勧めしたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

北相木川

北相木は小海地区上流の大支流で、水温が安定しているためライズや定位する魚を発見できる。下流域はヤマメが多く、広い淵と護岸、エン堤、土手を歩いて魚を探すような、散歩釣行が楽しい。

北相木村役場から上流になると渓相がよくなってくる。落ち込みや滝などがあり、渓歩きとシビアなアプローチを楽しみたい人はこちらがいいだろう。

どちらも楽しめるのが上流の白岩地区で、集落の中は低いエン堤や淵が多いので定位する魚やライズを探しやすく、集落下流には岩盤の渓相がある。

【2020解禁直後】フライフィッシング好釣り場:千曲川水系・野辺山付近こんな里川も見逃せない(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

南相木川

北相木川の支流で田園風景が多い里川。下流のフラットなポイントはアシに守られたスポットにヤマメが定位しており、ライズしていなくても慎重にアプローチするとナイスサイズが顔を出す。

個人的に好きなのは南町役場付近。イワナ・ヤマメがライズする淵が多くある放流量が多いエリアで、毎年いい思いをしている。役場の下流は大淵中心、役場の裏はチャラ瀬やフラットなスポットでよく魚っ気がある。

とくに民家横のエン堤はいつもヤマメがライズしているがなかなか釣れずチャレンジ精神を刺激される。ここには滝見の湯があり、食事と温泉が楽しめる。

【2020解禁直後】フライフィッシング好釣り場:千曲川水系・野辺山付近フライで仕留めたイワナ(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

梓川

梓川は、川上地区上流の支流で本流との合流点から高活性の魚が多く、ライズ待ちができる。

大エン堤から上流は大岩が多い渓相で、木々が覆い被さったジャングル的なエリア。ポイントを吟味しながら、厳しいスポットをたたいていくと思わぬ大型が掛かることも。気温の状況でどちらを攻めるか決めるのがキーになる。

金峰山川

金峰山川は、梓川の隣の支流でクライミングやトレッキングが有名。上流域は透き通る美しい水で「真夏がメインで梅雨以降の釣り場」と言える。

下流域は小さなエン堤が多数あり、ここがライズスポット。待つより歩いて探す方ががいい支流で、水面下に定位するイワナを慎重にアプローチして釣るのが楽しい。

千曲川水系は天候条件や水量で釣る場所がガラリと変わる。いろいろ移動して試してみるのが、楽しみのひとつだ。

<週刊つりニュース関東版 APC・井田泰司/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
南佐久南部漁協
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。