【2020解禁直後】おすすめ渓流釣り場紹介:中津川漁協管内/神奈川県

【2020解禁直後】おすすめ渓流釣り場紹介:中津川漁協管内/神奈川県

3月1日に中津川が待ちに待った解禁。神奈川県の中津川漁協管内の渓流釣りのポイントや狙いところなどを紹介する。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・井田泰司)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

相模川の支流・中津川

神奈川県を流れる相模川の支流・中津川は3月1日に解禁。小田急電鉄の本厚木駅やJR横浜線・橋本駅からバスでアクセス可能。

足場がよく、ヤマメのライズを探しながら、のんびりと散歩しながらフライ釣行できる。

田代運動公園前

河原まで車で横付け可能でキャンパーが多い。フラットな淵と瀬が交互に続く流れで、対岸には漁協が経営するフィシングフィールド中津川がある。

運動公園前の消波ブロック周りでライズが多く、気温が高いと瀬でもアタックしてくる。

上流にある「観泉荘こまや」の横には漁協の駐車場があって、この前もいいスポットになっている。

愛川橋付近

橋前後がいいポイントで、岩盤帯に定位する魚を狙うのが楽しい。立ち込む釣りが可能だが、岸でライズ待ちをすると魚が近くまでクルージングしてくることは多い。

橋脚などで風を避けることができるので、ひなたぼっこ状態でコーヒータイムを楽しみながら釣りができる。

バス停が近く、集合場所にいい。

【2020解禁直後】おすすめ渓流釣り場紹介:中津川漁協管内/神奈川県ヤマメのライズに会える(提供:週刊つりニュース関東版 APC・井田泰司)

日向橋上流

浄水場の跡地の横が好ポイントで階段があり、護岸の上からライズを狙っていく。ロールキャストが苦手な人は対岸のアシ際にポジションをとるといいだろう。

解禁当初からドライフライで釣れるポイント。毎日のようにフライマンが来るので早々にスレ魚が多くなるが、それもまた楽しい。

半原ラビンプラザ裏

日向橋そばにある半原ラビンプラザ。交番の隣にある公民館の先に漁協駐車場があり、アングラーの交流の場になっている。

地元の釣り人が多く、ぜひ立ち寄ってみてほしいポイント。

ライズが多く、ドライフライにこだわる人にはいち押しだ。近くに食堂やパン工房、少し歩くとカフェがあって、釣り以外の楽しみがある。

バス停の終点で、朝イチにここまで来てから下流に向かって歩くといい。

フライは#14~20のメイフライ、#20ユスリカ、ニンフは#16のコパーワイヤーを巻いたものが人気。また、3月29日(日)には半原ラビンプラザで私がタイイングの交流会を行う予定。

無料なので気軽に来てください。

<週刊つりニュース関東版 APC・井田泰司/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
中津川漁協 
出船場所:中津川
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。