メタルスッテゲームがなぜかジギングへ? ワラサにヒラメにキジハタ浮上

メタルスッテゲームがなぜかジギングへ? ワラサにヒラメにキジハタ浮上

今年は暖冬で開幕こそ遅れていたが、ここへきてやっと三重県・尾鷲方面のメタルスッテゲームも釣果が上向いてきた。そんな「ヤリイカやケンサキイカが釣りたーい」といったイカ釣り発作を抑えきれず、急きょ1月31日の夕方から紀北町引本浦港から出船するエヌテックマリンに乗船した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

メタルスッテゲームのタックル

早速メタルスッテゲームのタックルを準備。ロッドは繊細なアタリを捉えるため、穂先の軟らかいソリッドティップのメタルスッテ専用の7ftモデル。リールはカウンター付きのベイトリールだ。その他、仕掛けについてはイカメタル専用リーダーを使用し、最下部を鉛スッテ、その上に小型のエギや浮きスッテをセット。詳細については、タックル図を参考にしていただきたい。

メタルスッテゲームがなぜかジギングへ? ワラサにヒラメにキジハタ浮上タックル図(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

早々にヤリイカゲット

ポイントまでは、15分程度で到着。穏やかな湾口部にボートを係留する。水深は40m程度。辺りもすっかり暗くなり、ライトが煌々と海面を照らす。まずは鉛スッテ15号、上には1.5号の小型エギをセットした。

早速仕掛けを投入。いったん着底させ、まずはイカのヒットレンジを探るため、手返しよく大きく仕掛けを持ち上げては、沈めるといった誘いのアクションを繰り返し、徐々に水深を上げていく。

すると、早速底から5m付近でコツンッと穂先が入る明確なアタリが現れた。ギュンギュンとイカ特有のジェット噴射を楽しみ、キャッチしたのは、水温の低下とともに浅瀬へと接岸するヤリイカだった。

そして、同様の誘いで立て続けに2匹目のヤリイカをキャッチ。これはヤリイカ祭りの幕開けかと思われたが、その後アタリは止まり、なんと魚探には海中一面にエサとなる小魚(ベイト)の反応が現れた。

イカ釣りタックルでジギング?

すると、驚くことにメタルスッテ仕掛けにも関わらず、良型のヒラメとアカハタがヒット。うれしいお土産ではあるが、冬の海としては状況がややおかしい。なんとこの後は、船中青物祭りがスタート。船長の粋(いき)な計らいで、この日はイカ狙いから青物狙いにシフトすることになった。

メタルスッテゲームがなぜかジギングへ? ワラサにヒラメにキジハタ浮上スッテにヒラメが(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

私はメタルスッテタックルにそのままメタルジグをセット。運よく75cmのワラサをキャッチできた。乗船者もマダイやワラサをしっかりキャッチしていた。これも豊かな海の恩恵である。

今後の展望

そして、お土産も十分に納竿。メタルスッテゲームに関しては、水温さえ低下すればヤリイカを始め、ケンサキイカやスルメイカは確実に楽しめる状況だ。また青物などが入った場合は、船長に相談しイカの泳がせなどで狙うと、うれしいお土産の追加になりそうだ。冬の夜遊びはこれからが本番だ。

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エヌテックマリン
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年2月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。