ルアーでカサゴ狙う『ガシリング』で20cm頭に本命15尾【妻良港】

ルアーでカサゴ狙う『ガシリング』で20cm頭に本命15尾【妻良港】

2月8日(土)、静岡南伊豆の妻良港で、カサゴ(ガシラ)のルアーフィッシング『ガシリング』を楽しんだ。当日の釣果は、15~20cmまでのカサゴを15尾以上と満足がいくものだった。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

妻良港でカサゴ狙い『ガシリング』

現地に到着したのは、暗くなった19時ごろ。駐車場には、数台の釣り人と思われる車。しかし、目的の釣り場には誰もおらず、ガシリングタックルを準備してキャストを開始。まずは目の前の護岸のヘチをリーリングで探る。

ルアーでカサゴ狙う『ガシリング』で20cm頭に本命15尾【妻良港】妻良港略図(作図:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

風があるので、1gのジグヘッドリグを沈めようとしても、風でラインをあおられて浮きあがってしまう。それでもタイミングを見て、うまく底まで沈めるとすぐにアタリ。護岸から引き離すように巻き上げると、15cm級カサゴ。

2投目も同じように、ヘチの底でヒット。しかし、別の釣り人が歩いてきたので、ここのチェックは終了。

ルアーでカサゴ狙う『ガシリング』で20cm頭に本命15尾【妻良港】ルアーカサゴタックル(作図:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

浅場では1キャスト1ヒット

次に向かった場所は、かなり浅いポイント。底には小さな根が点在しているので、その周辺をチェック。すると、ここでも1キャスト1ヒット状態。同じようなサイズが入れ食い。狭いエリアで、アッという間に5尾ほど追釣。次は良型を狙って移動。

ルアーでカサゴ狙う『ガシリング』で20cm頭に本命15尾【妻良港】大きな口でルアーに食いついた(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

横の動きに好反応

ここはヘチがえぐれていて、カサゴがその下に潜んでいる。しかし、真下を狙っても反応なし。そこで軽くキャストして、底をトレースするように巻いてくる。しかし沈み根がなくなってしまったのか、反応なし。

その後、手前まで引いてきてルアーを海面に巻き上げ始めたときに、ロッドが絞り込まれた。上から落ちてくるものではなく、沖から岸に向かってくるエサに反応するようだ。

このパターンに切り替えると、ピンポイントで3尾追加。しかし、同じ方法で探り歩いたが、場所によって反応がないというのが不思議だ。

リフト&フォールで連発

少し移動して、目当ての水深があるエリアへ。ここは前回釣行時に最もよかった場所で、良型実績が多い。

開始すると、すぐにかなりの重みがロッドに加わった。ドラグを鳴らしながら上がってきたのは、20cmカサゴ。

ここではリーリングには反応せず、リフト&フォールで連発。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。