ティップランエギングで500gアオリ手中 前日はキロ級連発も【Wingar】

ティップランエギングで500gアオリ手中 前日はキロ級連発も【Wingar】

2月3日、長潮。佐賀県・唐津西港から出船中のWingarを利用して、ティップランエギングに行ってきた。前日はキロ級ばかりとのことだったが、果たして結果は?

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでティップランエギング

午前7時、ポイント開拓を兼ねてのティップランエギングでWingarは出船。

ポイントに到着し、船長よりこの時期の釣り方をレクチャーしてもらった。その内容は、ハイシーズンのようにシャクらず、シャクリ幅は短めでゆっくり2回。実践してみたが、前半戦のポイント開拓はいまいちパッとしなかった。

タックルを変更

前日いた鳥山はなし、魚探からもベイトの反応は消えたと薗田船長は語っていた。 ニューロッドの墨付けは無理かな、と思いだしたりした。

ウインターシーズンのショートバイトを掛けるため、いつも使用している硬さM(ミディアム)では少し硬いと思い、一つ軟らかいML(ミディアムライト)を購入した。

ロッド変更で500gアオリイカ

後半戦、最近釣れているポイントへ移動。

早速、船長がアオリイカを掛けたが500gクラスだった。船長が、「昨日はキロクラスばかり上がった」と言っている。 しばらくして、私のロッドにもアタった。一つ軟らかいので、ティップ(サオ先)の動きがよく分かった。

上がってきたのは500gクラスだった。 「今日はキロクラスがいないのか」と船長が不思議がっていた。この後、同クラスを1尾追加し納竿時間を迎えた。

一日でコロッと変わる海の状況。 これが自然だと痛感して勉強になる一日だった。 

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar
TEL:090-4483-6203
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。