坂本智子が東京湾LTアジで竿頭 30cm頭に本命30尾【一之瀬丸】

坂本智子が東京湾LTアジで竿頭 30cm頭に本命30尾【一之瀬丸】

こんにちは、阪本智子です。2月3日(月)、東京湾金沢八景の一之瀬丸さんに、気軽に楽しめる半日のLTアジ釣りに行ってきました!この日は釣り人が少なくて広々快適でしたが、魚を船下で留めるのが大変だったな~。必死にコマセをまき続けました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 阪本智子)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

底から2mのタナで本命アジヒット

すぐに移動したものの、次の釣り場でもアタリがないので、船を走らせて、水深23mの少し深い釣り場へ。指示ダナは底から2~3m。

今度はコマセをまくタナを少し高めにする作戦。着底したらまずは1m上げてから、竿を振り、また1m上げてコマセをまいて、さらに50cm上げた底上2.5mで待ってみると。プルプルッとようやくアタリが!上がってきたのは27cmの美味しそうなアジ♪

下バリに掛かっていたので、タナを少し下げてみます。底から1m上げてコマセを出し、また1m上げてコマセをまいて、底上2mで待ちます。するとアタリが!また下バリに掛かっていましたが、タナもエサもこのままで続けてみると、地道にポツポツ釣れます。

途中から中央のハリに掛かることが多くなりました。「活性が上がったかな?」と、タナを底から2.5mに上げたものの下バリに掛かるので、やっぱり〝底から2m〟のタナが正解みたいです。

タナの工夫でツ抜け達成

タナをいろいろと工夫しながら楽しんでいると30分ほどでツ抜け。そこからは数が釣れるようになったものの小型が多く、アタリが小さく掛かりにくくなったので、聞きアワセで確実に上げていきます。

坂本智子が東京湾LTアジで竿頭 30cm頭に本命30尾【一之瀬丸】期待を込めて巻き上げます(提供:週刊つりニュース関東版 阪本智子)

サイズアップで29.5cmアジ

またアタリが止まったので移動。次は水深22m。なかなかアタリがないので、気分転換に1番下のハリだけ青イソメに変更。長さは2cmほど。タナを底上2mからさらに50cm上げると、いきなりヒット。引きが強いので大切に巻き上げ、29.5cm本命。

まめに投入を繰り返していると、また良型がヒット。ここではアタリは少ないけど、釣れれば大きいので、こうなったら30cmを釣りたい。

坂本智子が東京湾LTアジで竿頭 30cm頭に本命30尾【一之瀬丸】一気に抜き上げます(提供:週刊つりニュース関東版 阪本智子)

狙い通りに30cm「尺アジ」ゲット!

「良型は青イソメによく反応する」と思っているので、下バリ2本をこのエサに変更。

食わせる間を作るため、待ち時間を少し長めにしているとビューン!とエサをひったくっていくようなアタリ。「これはきたんじゃないか~」これまで以上の引きで、大切に大切に「バレないでよ~」と願いながら巻き上げ、口切れしないように慎重に船に上げてみると、体高がある30cmジャスト。やった~。狙い通り「尺アジ」ゲットしました♪

次のページで最終釣果を発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。