深場のティップランエギングで1.2kg頭にアオリイカ全員安打【長崎】

深場のティップランエギングで1.2kg頭にアオリイカ全員安打【長崎】

1月初旬、長崎県佐世保市・相浦港をシーズナル2号艇で出船した。この日のターゲットは深場のアオリイカ。ティップランエギングで1kg超えを狙った。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ティップランエギングでアオリイカ狙い

アオリイカは秋のエギングシーズンが終わり、水温が下がると深場へ移動し、春を待つ。

今回は、その深場にいるアオリイカたちをティップランエギングで狙っていく。佐世保近郊では他エリアの釣果が収束する1月、2月でもナイスサイズが反応してくれる。

深場のティップランエギングで1.2kg頭にアオリイカ全員安打【長崎】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

繊細なアタリを捉える面白さ

ティップランエギングは前述したように深場にいるアオリイカを狙う釣りで、深さはだいたい20~40m。水温やその日の状況を見ながらイカの反応が良い深さを探っていく。

この釣りの面白いところはアタリである。その名の通り、アタリがでる時はサオ先が走るのだが、20m以上の水深を船で流しながら釣っていくため、アタリが繊細な時はとことん繊細で、手元にアタリがこないことがほとんどである。

特に水温が下がり、イカの活性が下がったりするとアタリをとるのが難しくなる。しかし、そのアタリをとらえてサオを曲げた時の快感が人気の理由の一つと言えるだろう。

小ぶりサイズから顔出し

この日は相浦港を午前8時に出船し、数十分走らせまずは25m前後のフラットエリアを探っていく。ここは春の産卵エリア、秋の数釣りエリアに隣接してイカの魚影が濃い。度々ビッグサイズが出現してくれる。

ポイントに到着し、早速船を流していく。乗船者のサオ先にぽつぽつと反応は見られるが、なかなかフッキングまではたどりつかない。

船を着け直し、ポイントを少しずらして探っていく。すると、池田さんのサオが曲がった。上がってきたのは小ぶりだが、うれしい1尾だった。

深場のティップランエギングで1.2kg頭にアオリイカ全員安打【長崎】船中初アオリイカは池田さんに(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

その後、梶原さんにもヒット!こちらも小ぶりなサイズではあったが、今年初イカを上げて船上は暖かくなった。

同じエリアで数回船を着け直したが、サイズが伸びなかったためエリアを大幅に移動することにした。

パープル系エギに1200gアオリ

再び船を数十分は走らせ、次のポイントに到着。このエリアは沖の馬瀬絡み30~20mのエリアで、真夏や真冬に反応が良くなるエリア。早速、船を流していく。

しかし、ベイトの反応はあるがアタリは遠い。船を着けるポイントを少しずつずらして流していくと、梶原さんのサオにヒット!

サオの曲がり方からするとなかなか良いサイズの予感がする。リールをゆっくり巻き、上がってきたのは1200gのアオリイカ。エギのカラーはパープル系だった。

深場のティップランエギングで1.2kg頭にアオリイカ全員安打【長崎】梶原さんに1200g(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

ティップランエギングのエギは、普通のエギング同様にカラーが重要になることがある。

むしろ深い水深で釣るため、エギのカラーの違いが釣果に顕著に表れることが多々見受けられる。パープル系やブルー系がよく評価されるが、この日もパープル系の反応が良かった。

その後は青物の反応などが見え、イカの活性が乏しくなったので、またエリアを移動することにした。

次のページで全員キャッチ達成!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。