都市河川で『食パン』エサに54cmナマズ コイなど4魚種手中【愛知】

都市河川で『食パン』エサに54cmナマズ コイなど4魚種手中【愛知】

1月13日、愛知県名古屋市中川区の荒子川へ新年の初釣りに出掛けた。「スピンキャストリール」を使用してみた。当日は、エサに食パンを使い、コイからティラピアやナマズまで都市河川釣行を楽しんだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り コイ釣り

22cmブルーギルキャッチ

岸際にまだティラピアが群れていたので、そこへ仕掛けを潜り込ませて放置プレイ。すると一瞬エサの食パンが消えたように見えたので、すかさずフッキング。すると足元からティラピアとは違う丸っこい魚影が現れ、体色豊かな22cmのブルーギルが上がってきた。

都市河川で『食パン』エサに54cmナマズ コイなど4魚種手中【愛知】体色豊かなブルーギル(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

この川でブルーギルを釣ったのはこれが初めてで、この寒い時期に大きなブルーギルだ。これには内心ビックリ、そしてラッキーだった。

食パンで54cmナマズをゲット

続いて2つぐらい道路を横切り上流へ移動して探ってみた。仕掛けを落とし、食パンが水分を吸って膨らんできたらユラユラ上下させて誘ってみる。すると、どこからともなく集まってくるティラピアの群れ。ティラピアが掛かってくるのかと思いきや、次の瞬間、足元から現れたのは大きなナマズ。それも黄金色に輝く個体で、とても縁起が良さそうだ。

エサを前に静止したので「もしや見切られたのでは?」と思ったが、ためらいなくエサにパクついた。これはと思いスイープフッキングで対応すると、ロッドは大きく弧を描いた。引きは強く、ナマズは縦横無尽に突っ走る。ドラグ調整は万全なので切れる心配なし。じっくりナマズの引きを楽しみ、タイミングを見計らって抜き上げた。キャッチしたのは54cmの立派なナマズだった。

「パンコイ」ならぬ「パンナマ」成立だ。

都市河川で『食パン』エサに54cmナマズ コイなど4魚種手中【愛知】54cm黄金色のナマズ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

手のひらサイズのコイ登場

最後に駅前広場に戻って釣り再開。すると、今度は温排水が出ているようで至る所で水面から湯気が立っていた。

シェードへ仕掛けを送り込んで様子をうかがう。しかし、しばらく置いても音沙汰なし。試しにピックアップしてみると魚が掛かっていた。ヒットしていたのは手のひらサイズのコイ。

都市河川で『食パン』エサに54cmナマズ コイなど4魚種手中【愛知】手のひらサイズのコイも(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

次のページでティラピア釣り上げ4魚種達成

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。