11m長竿×胴突き仕掛けで狙うメバル釣り 26cm頭に良型トリプルヒットも

11m長竿×胴突き仕掛けで狙うメバル釣り 26cm頭に良型トリプルヒットも

季節風が吹き荒れ、サオが出せずイライラモード。 レッドゾーンに迫っていたが、12月30日は朝だけ風が弱い予報。 ならば愛知県・南知多町の豊浜新堤でメバルを釣ろうと思い、午前4時に自宅を出発した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

豊浜新堤でメバル釣り

暗いなか豊浜新堤の駐車場に到着。 途中で小雨模様となったので寒いが、風は弱いので辛抱しよう。 ただ、今年はメバルの朗報が入ってこないためか長ザオで狙う人が少なく、釣れるか釣れないか分からない。 ここは自分で試すしかない。

釣り座を決めてタックルを準備する。 サオはニッシンのロングレンジメバル輝11m、ミチイトはサンラインのトルネードVハード1.25号、仕掛けはメバルバリ9号の胴つき3本(自作)、ナスオモリ1.5号をセットする。

11m長竿×胴突き仕掛けで狙うメバル釣り 26cm頭に良型トリプルヒットもタックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

3本バリにモエビを通して沖めに振り込む。 ケミホタルミニが海中に沈んでいくのがハッキリ見える。 サオ先にもぎょぎょライトを付け、アタリが出れば分かるようにして待つこと20分、待望のアタリが出た。

25cmのアジ登場

ツンと前アタリがきた後、サオでゆっくり聞くとククッ~とアタリがあり、そのままサオを立てると結構引く。 ゆっくりラインを手繰り寄せると、なんと25cmのアジ。 たたきにするとおいしいのでキープする。

11m長竿×胴突き仕掛けで狙うメバル釣り 26cm頭に良型トリプルヒットも早朝の新堤で竿を出す(提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

再度モエビを付けて投入。 同じアタリが出たが、途中でハリ外れ。 多分アジだろう。

26cm腹パンメバル浮上

本命のメバルが食ってくれないまま午前6時を回った。 メバルの時合いに向けて元気なモエビに取り換える。 根掛かり覚悟で右に流れるままにサオでついていくと、テトラ前でアタリが出た。 よし前アタリだ。

そして辛抱して待つこと数秒、やっと本アタリが飛び出し、サオ先が大きくお辞儀した。 ここでゆっくりサオを立てると、メバルの強い引き込みが伝わり、11mのサオを大きく曲げた。 慎重に浮かせに入り、ラインを手繰り寄せる。 堤防に上げて驚いた。 26cmのメバル。 やっと煮付けサイズをゲットできた。

11m長竿×胴突き仕掛けで狙うメバル釣り 26cm頭に良型トリプルヒットも26cmメバルは引きも強烈(提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

時合い逃さず21cmゲット

ここが時合いと次を投入する。 モタモタしていると東の空が明るくなってくる。 ゆっくり上下の誘いを入れるとコツンと前アタリ。 次に出る食い込みアタリを待つ。 焦りは禁物だ。

クンとサオ先を押さえ込んだアタリでハリ掛かりを確信してサオを立てると、ガッチリハリ掛かり。 これも良型っぽい引きで、海面に浮かせるのもひと苦労。 だがこんな苦労ならもっとしたい。 これまた良型の21cmをゲット。

次のページでトリプルヒット到来!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。