寒くなったら深海釣り 1投で高級魚キンメダイが12匹【隆栄丸】

寒くなったら深海釣り 1投で高級魚キンメダイが12匹【隆栄丸】

少しずつ気温が下がってきたので深海の釣りに行きたいなと思い、初挑戦の釣友と共にキンメダイ釣りへ。私は20匹の釣果で竿頭となり充実した釣行となった。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・植島孝裕)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

遠州灘でキンメ狙いの深海釣り

深海釣りフリークのOZ氏から「12月下旬にキンメダイ・アコウダイ狙いで予約を入れたので同船しないか」とのお誘い。

そんな話をしていると、知り合いのNM氏も深海釣りはやったことがないが挑戦してみたいとのこと。少々ごついがレンタルの道具もあるので、事前に連絡しておき、新居港から出船した。

港に到着すると、NM氏はすでに到着していたようで期待の大きさが伝わってくる。誘ってもらったOZ氏の他にもHG氏、AY氏など常連の顔があり、午前5時半には合計8人が集合した。

早速あみだくじで釣り場所を決める。私は3番目のくじで、大トモから2番目に座った。初挑戦のNM氏は3番目だ。

好都合の曇天でスタート

船は午前6時すぎに出船。1時間ほどで徐々に夜が明けてくると曇天。キンメダイには曇天がいいので好都合だ。沖に入るとわりと波があるので船が揺れるが、キャビンがあるので漁場までは快適に寝て休息できる。

漁場に到着すると、少し西の風で潮も西へ流れる。逆の流れなので流しにくいかもしれない。

20本バリのキンメ用の仕掛けを用意し、オモリ400号を装着して合図を待つ。

しばらく潮を見た後、船長から投入の合図。1人目が仕掛けを流して船が前進、私の番だ。オモリを投げると、仕掛けはスルスルと海中に入っていく。水色はいいので、これなら釣れる可能性が高い。

NM氏は初回なので仲乗りのWB氏が手伝って投入。トラブルなく入ってひと安心だ。

待望のアタリは嬉しい重量感

水深は380~420m。オモリ着底後にイトフケを取っていく。いつもならすぐにアタるのだが、今日は何だかアタリが出ない。

NM氏は着底の判断が難しいかもしれないと思い、お節介ながらも声をかけさせていただく。船長からもサポートのアドバイスがあるので、選んだ席が正解だと思う。

しばらくしてギュンというアタリがあり、続いて追い食いのアタリ。次第に数が増えていくのがサオ先で分かる。

NM氏のサオにもアタリがあったようだ。

1流し目で12匹ゲット

巻き上げを開始すると、わりと食ったようで少しサオが曲がっている。途中でドラグを調節して口バレしないように注意する。やがて仕掛けが見えたら緩めないように。海中からまずまずサイズのキンメが上がってくる。

海面で落ちないようにタモを用意してもらい、上がったのは全部で12匹。最初の投入でお土産をゲットできてひと安心だ。

NM氏は、海面で1匹落としてしまったようだが3匹釣ってお土産を確保。後ろ3人しかアタリがなかったが、まずは落ち着いた気分になった。

2~3投目は私にアタリはなく、船中でポツポツと上がる程度。全体には食いが良くないようで、投入すると魚影も逃げる反応らしい。少し深めを攻めるが、それでもアタリが遠い。

4流し目には8匹手中

次の投入でアコウ狙いにするという宣言で臨んだ5投目。水深440mから巻き上げると、402mと浅めだがアタリがあった。底に反応があるようなので仕掛けを少し伸ばし気味にするとアタリが続く。巻き上げると、これも下の方に付いていて8匹手中にした。

NM氏は、根掛かりしてオモリが飛び、同じく飛んだ右隣の人とオマツリしながらキンメをゲット。4匹だったので2匹ずつ確保した。初回は釣れた感があったが、今回は釣った実感が湧いた感じだろう。

この時間から雨が降り始め、海上も風が出てきた。船長から最後の流しとのアナウンスがあり、カケサガリのアコウを狙うが、潮が動かず仕掛けが流れていかない。結局、船中アタリなしで時間となり納竿となった。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。