目指すは3年連続殿堂入り 三代目JSB山下健二郎が釣りフェスに登場

目指すは3年連続殿堂入り 三代目JSB山下健二郎が釣りフェスに登場

三代目JSBの山下健二郎が、釣りファンの拡大に貢献した著名人に贈られる「クールアングラーズアワード」を2年連続で受賞。1月17日(金)、横浜みなとみらいにあるパシフィコ横浜で開催中、「釣りフェスティバル2020」のメインステージで行われた授賞式に登壇した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

釣りに出会ってよかった

目指すは3年連続殿堂入り 三代目JSB山下健二郎が釣りフェスに登場山下健二郎のトーク開始(提供:TSURINEWS編集部)

クールアングラーズアワードを2回受賞したのは山下健二郎が初。贈られたクリスタルトロフィーを掲げガッツポーズ、ファンから歓声が上がった。

受賞式のあと行われたトークセッションでは、まず「嬉しいです。2年連続取れたらいいなと言いながら、2019年は釣りのフィールドにたくさん出かけました」とコメント。

バス釣りのイメージが強い山下だが、最近は海釣りにも足を運び、ルアーのほかエギにハマっている。「難しいけどアオリイカとモンゴウイカが釣れて捌いて食べた。海の魚は食べられるのが魅力、まだまだ初心者なのでたくさん勉強したい。釣りは年齢関係なく、仲間と一緒に一つのものをずっとみんなで狙って・・。ワクワク小学生の遠足の前日のような気持ちを味わえて、釣りに出会って本当によかったと思います。」と語った。

ワカサギの氷上穴釣りに挑戦したい

目指すは3年連続殿堂入り 三代目JSB山下健二郎が釣りフェスに登場山下健二郎のトーク風景(提供:TSURINEWS編集部)

今後、行ってみたい場所は?の質問に、「メキシコのカジキトローリングの大会。賞金が4億なんですよ。日本に持ち帰って釣具メーカーを作りたい」と笑顔で夢を語った。また、釣りのデータは残しますか?との問いには、「大物は写メを撮って、それを見てニヤニヤしてます。昨年、山口で55cmのバスを釣り上げたときの感触が残っているし感動した。そのときのルアーは部屋に飾ってます。最高ですね!」と答えた。

バイトシーンを熱く語る山下に、最前列の多くのファンは?が出ている模様。それを見て「ポカーンとしてますけど、いいです。何人かに刺されば…」と笑いを誘った。また、『国内では北のほうへ行って「ワカサギの穴釣り」に挑戦したい。今年はショアから青物も釣りたい。』とも話した。

YouTubeで釣り動画の再生回数が伸びない

昨年から釣りに特化したYouTubeチャンネル「山下健二郎の釣りベース」を開設。しかし、釣り動画だけ見事に再生回数が伸びない。DIYやラタタダンスの動画はバズっているのに。

ぜひ、釣りをメインに見てほしい。

動画は撮影・編集、文字入れやイラストも自身で行うほど力を入れている。さらに、マニアックなトークは続く。DIYも大好きな山下。YouTubeでも紹介されているが、自宅の壁一面にパネルを張って釣具屋風に。ホームセンターで購入した塩ビ管を使ったロッドホルダーは画期的で、天才だと思いました。低予算でコスパも最高なので、みなさんぜひマネしてください。

釣りは一生続けていきたい

目指すは3年連続殿堂入り 三代目JSB山下健二郎が釣りフェスに登場来年もクールアングラーズアワード期待しています。(提供:TSURINEWS編集部)

「これからも釣り業界に貢献したいし、魅力をより多くの人に知ってほしい。みなさん、頭でっかちになって、釣りは難しいって思いがち。でも、全国にはいろいろな湖や海があって、日本は島国なので海に囲まれていて。魚の種類は豊富だし、手軽に行ける場所もたくさんあるので、家族で始めればコミュニケーションも取れるし、釣りは半永久的にできるので、ほかほかな趣味だなって思います。釣りはダンス歴より長いし、ダンス以上に生涯続けられると思っているので、こよなく愛していろんな魚種を釣っていきたい」。

釣りフェスは最強のテーマパーク!

目指すは3年連続殿堂入り 三代目JSB山下健二郎が釣りフェスに登場TSURINEWSブースでは号外配布中(提供:TSURINEWS編集部)

釣りフェスについては、「最強のテーマパーク。どこよりも楽しい。午前中に見て回って、気になる製品ばかり。実際、手に取ってイメージして。早く新しい道具を買って新しい釣りをしたいと思う」とのこと。そんな釣りフェスティバルは、明日1月19日(日)まで開催中だ。

三年連続で、ぜひ殿堂入りを目指してほしいですが…。

「そうですね(笑)。目指したいと思っています。なるべく多くフィールドに足を運んで、バスだけじゃなく、いろんな釣りをして魚種を増やして、さまざまな釣り方があるけど、まだまだ未熟なので、どっぷりハマって道具を揃えて、日本全国で釣りしていきたい。ライブのとき、前後休みを取って、釣りをしているので、仕事と釣りを両立させていきたい」。

<佐藤/TSURINEWS・デジタル編集部>

▼この開催地について
パシフィコ横浜
釣りフェスティバル2020

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。