アオリイカ狙い激渋エギング ラスト1投で本命浮上【フィッシング光栄】

アオリイカ狙い激渋エギング ラスト1投で本命浮上【フィッシング光栄】

連休も終盤にさしかかった1月5日に、三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄へ、アオリイカ狙いのエギング釣行をしてきました。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・桑原一幸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

アオリイカ狙いで出船

気が付けば、ここ数年お正月はフィッシング光栄にお世話になっている。現地には午前6時半に到着。

カリスマ船頭に最近の情報を聞くと、青物、マダイ、ハタ類、根魚などを中心にいろいろと釣れているとのこと。肝心のアオリイカは、厳しい状況が続いているとのことだったが、先日ロッドを新調したこともあり、この日はボウズ覚悟のアオリイカメインで出港した。

アオリイカ狙い激渋エギング ラスト1投で本命浮上【フィッシング光栄】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・桑原一幸)

ポイントへ到着するも風の向きが不安定

沖に出てみると天気予報とは異なり、想定外の爆風状態。船が速く流れすぎるため、本命ポイントを諦めて風裏のポイントへ移動。

風の状況を見て船を入れるが、比較的風が強く当たる所は暴風状態で、船が一気に流れてしまう。また風裏に入れると、今度は風の向きが不安定で狙ったコースを流れず、ほぼ釣りにならない状態だ。

釣りを諦めて風裏で1時間ほど昼寝。目が覚めたのは11時ごろ。ここでようやく風が落ち着いてきたので、沖のポイントへ移動。

潮止まりのタイミングでアカハタ狙いに

ちょうど潮止まりのタイミングだったので、アカハタ狙いで釣りを再開した。

良型を含むアカハタを何匹かゲット。グラスミノーLのテキサスリグにヒットしてきた。21gのジグヘッドにエコギア・バルト4inchの組み合わせでのヒットだった。

アオリイカ狙い激渋エギング ラスト1投で本命浮上【フィッシング光栄】良型のアカハタがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・桑原一幸)

その後沖へ流していくと、天野さんにいいサイズのアオハタがヒット。65gのシルバーのジグにヒットしていた。

アオリイカ狙い激渋エギング ラスト1投で本命浮上【フィッシング光栄】65gのジグでナイスサイズのアオハタがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・桑原一幸)

アオリ狙いに、最後に本命ヒット

その後は当初の予定通りなんとかイカを釣りたいということで、終了の時間までイカ一本で頑張ったが、全く反応がなく時間が過ぎていく。

やがて終了の時間となってしまった。完全に諦めていた最後の1投。着底後7回シャクって止めた瞬間に、明確なアタリがありこの日初ヒット。久しぶりのアオリイカの重量感のある引きが伝わる。

上がってきたのはやや小ぶりではあったが、本命のアオリイカ。ヒットエギは定番のダートマックスTR3.5号パープルだった。

写真を撮って、急いで帰港し、この日の釣りは終了となった。

今後の展望

港へ戻ると、アオリイカはあまり上がっていない様子だったが、事前の情報通りこの日も青物やマダイ、根魚などいろいろな魚が上がっていた。

カリスマ船頭によれば、例年年が変わると水温が一気に下がり難しいシーズンとなるが、今年は水温が高くさまざまな魚種が狙える状況が続いており、当面は現状程度の釣果は期待できそうであるとのこと。

フィッシング光栄は、レンタルボート6隻のほか、仕立てでの出船もある。皆さんもカリスマ船頭とターゲットを相談した上で釣行されてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース中部版 APC・桑原一幸/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
フィッシング光栄
出船場所:三浦漁港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。