沖磯フカセ釣りで37cm頭にグレ16匹 高水温で高活性【和歌山・串本】

沖磯フカセ釣りで37cm頭にグレ16匹 高水温で高活性【和歌山・串本】

12月31日、友人が久しぶりに釣りに行こうと言ってきたので、和歌山県・串本町の樫野へフカセ釣りに出かけた。当日は、引きが強い35cmグレ(メジナ)を手中に、他のポイントを選んだ友人は、37cm頭に16匹も釣っていた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・西卓広)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

開始直後ヒットで高活性の予感

途中のエサ店でオキアミ3kgに集魚材1袋を混ぜたものと、ボイル1.5kgのそのままを用意。港の駐車場にはもう1人の友人も来ていて、午前6時半に港を出た。

沖には出られそうにないので、角の高場磯へ友人と2人で上がり、もう1人の友人が角磯へと上がった。

沖磯フカセ釣りで37cm頭にグレ16匹 高水温で高活性【和歌山・串本】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・西卓広)

仕掛けを用意して釣り始め、2投目からアタリが出て25cm級が釣れたがリリースする。前回と違い活性が高いようだ。

本命グレは30cmクラス

潮は右に流れており、30分ほどしてウキが入った。結構引いたのでグレかと思ったがジョウモンハタ40cmで、鍋にするとうまい。

1時間ほどしてグレ31cmがサオを曲げて結構引いたが、水温が高いせいで元気がある。その後も活性が高く、小型の中に時々30cmが釣れる。

沖磯フカセ釣りで37cm頭にグレ16匹 高水温で高活性【和歌山・串本】ポイント周辺の風景(提供:週刊つりニュース中部版 APC・西卓広)

2匹追加した後、磯際でアタリがきて、アワせると乗った。引きが強く何度か突っ込む。浮かすと35cmだった。

その後、ニザダイ45cmやイスズミ50cmオーバー、ボラ60cmオーバーなどを2人で掛けたが、大型のグレはこなかった。

大谷の高場では更に好調

正午ごろ、友人が掛けて結構引いており、これは37cmだった。しかし、その後は小型ばかり。午後2時に生のオキアミをそのまま磯際へまき、生の刺しエサで釣ると30cmが釣れた。

角に上がった友人は32cmのグレを釣っており、大谷の高場磯に上がった2人は37cmまでを16匹釣ったと船長が話していた。

今年は大谷の高場がいいようで、どの磯も当日は釣っており、これから大型が釣れるだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・西卓広/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
樫野
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。