ランガン『ライトロックゲーム』でカサゴマンション発見【南伊豆】

ランガン『ライトロックゲーム』でカサゴマンション発見【南伊豆】

1月11日(土)、静岡南伊豆の妻良(めら)港で、カサゴ狙いのライトロックゲームを楽しんだ。当日は、台風の影響が大きく苦戦するも、良型カサゴマンション発見しツ抜け達成。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

下田から西伊豆方面へランガン

昨シーズンは、台風の影響が大きく、どこも海の様子が変わってしまった。カサゴ狙いも同様で、海底の根が埋まってしまい、釣り場が激減した印象だ。

今シーズンの目的は、新たな隠れポイントを探し当てること。昨シーズンまで調子がよかった場所は、今のところあまりよくない。そこで、過去のポイントも含めて、思い出しながら可能性を探ってみる。

辺りが暗くなり始めたころ、まず下田エリアでキャスト開始。しかし、根らしい感触はなく、カサゴの反応はない。カマスは釣れたが、少しずつ西伊豆に向かうルートでランガンしていくことにした。

ヘチでのヒットは小型ばかり

向かったのは、妻良エリア。いずれも、この数年カサゴの調子がよかったが、泥で根が埋まってしまい釣果が激減。

最初に堤防のヘチを探り、いくつか小型をキャッチ。しかし、サイズが小さく、ちょっと不満。「ヘチに寄っていないだけか」と思い、キャストして陸から離れた場所の根周りを探ってみた。しかし、反応はあっても小型ばかり。

それどころか風がどんどん強くなり、キャストもままならなくなってきた。仕方なく再びヘチを探ってみたが、ヒットするのは15cm止まりばかり。

中型カサゴマンション発見

ここを諦めて、隣の子浦港へ移動しようとしたが、ちょっと気になった場所があって立ち寄ってみた。ここは以前の釣行ではかなりいい思いをしたのだが、あるときからまったく釣れなくなってしまった。

さほど期待していなかったが、ジグヘッドリグをヘチに沈めてみたところ、根があるような感触が伝わってきた。根掛かりさせないよう慎重に探ってみると、すぐにロッドが絞り込まれる。

いきなり食ってきたのは20cm級のまずまずサイズ。重量感があって、引きを楽しませてもらえた。

ランガン『ライトロックゲーム』でカサゴマンション発見【南伊豆】良型カサゴが遂にヒット(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

「この1尾しかいないだろう」と思いつつ、少し立ち位置をズラして2投目。すると、すぐにアタって同サイズをあっさり追加。

「さすがにこれで終わりか」と思いきや、さらに3尾、4尾と続いた。全部のエリアは探らなかったが、荒れた影響で根が新たに造られたのかもしれない。

19時ごろまでの30分ほどで、15~22cmを10尾以上キャッチすることができた。初釣りとしても、新たなポイント探しとしても、十分な結果であった。

今までよかった場所にこだわって探ってきていたが、たまには釣り場を見直していく大切さを、あらためて実感した釣行だった。今後も、別のポイント選定パターンを意識して、探し続けていきたい。

<週刊つりニュース関東版 野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
妻良港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。