ランガンメッキゲームで本命手中 オオモンハタが連発!【尾鷲】

ランガンメッキゲームで本命手中 オオモンハタが連発!【尾鷲】

台風一過の10月中旬、浅井さんと、吹き戻しの強風が予測されるなか、三重県・尾鷲にメッキゲームをしに出掛けた。オオモンハタが先にヒットしてしまう状況の中、ランガンで本命手中。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

尾鷲港でメッキゲーム

尾鷲港に到着したのは午前7時前。まずはスロープを2人で探るが、ヒットどころかチェイスもない。足場の高い所から見ると、水の透明度がゼロ。やはり台風一過だ。

仕方ないのでランガン開始。船だまりをトップで探っていくが、やはりというか出てくる魚はいない。

ボトムワインドで探るとオオモンハタがあっさりヒット。浅井さんもオオモンハタ中心に、根魚をポツポツと釣り上げているが拾い釣りといったレベル。

ランガンメッキゲームで本命手中 オオモンハタが連発!【尾鷲】XラップCDにオオモンハタ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

スロープ際で連発

しかし狙いはメッキ。気合を入れ直してミノーを結ぶ。しかし、必死で探るもチェイスすらなくメッキは留守のようなので移動する。

次の漁港では奥のスロープを狙うと、浅井さんのミノーにチェイス。しばらく探ると浅井さんにヒット。ヒットルアーはXラップカウントダウン5だ。続けて浅井さんのミノーにオオモンハタがヒット。「スロープ際の落ち込みに着いていますね」とのこと。

ランガンメッキゲームで本命手中 オオモンハタが連発!【尾鷲】ハタ類にはミノーも効く(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

私はスロープではチェイスはあるも乗せられない。どうも追い方に今ひとつ勢いがない。

スロープを見切って岸壁に移動し、真横に投げて追い詰められるベイトを演出するイメージで、足元にティロミノーを引いてくるとヒット。メッキかと思いきや引きが弱い。またしてもオオモンハタだ。

メッキのチェイスはあるも・・

シャッドナイフスリム7gに替えて、広範囲にボトムを探る。ボトムからのジャカジャカ巻きでヒットしたのは、またオオモンハタ。

遠くの船だまりで浅井さんが手を振っているので急いで行くと、「ボトムから誘い上げるとわいてきますよ」とのこと。

ジグで誘い上げると、確かにメッキが数匹チェイスしてくる。濁りのためかボトムに張り着いているのかシェードに着いているのか分からないが、間違いなくメッキがいるようだ。しかし、型が小さいためか食わせきれない。

ここでもメッキより先にオオモンハタがヒットしてきてしまうため、見切って移動する。

河口エリアでメッキヒット!

次は前回好調だった河口。思ったより濁りはないが、魚影は見当たらない。しかし数回キャストを繰り返すと、単独でチェイスする魚影が見えた。

ランガンメッキゲームで本命手中 オオモンハタが連発!【尾鷲】トゥイッチを繰り返す(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

再度キャストし、数秒フォールの後トゥイッチ一発でヒット。ようやくのメッキだ。ヒットルアーはカリプソオリジナルプラグだ。

ランガンメッキゲームで本命手中 オオモンハタが連発!【尾鷲】カリプソオリジナルプラグにヒットしたメッキ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

尾鷲港のゲストは多彩だ

さらに大きな群れを求めて漁港をランガンしたが、カサゴ、ベラ、ダツ、トウゴロウイワシがヒットしたのみで午後1時にロッドオフとした。

メッキは貧果だったが、状況は悪いなりにさまざまな魚が相手をしてくれて楽しめた釣行だった。

<週刊つりニュース中部版 APC・松田久史/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
尾鷲港
場所:三重県尾鷲市
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年11月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。