冬季限定『としまえんフィッシングエリア』 都内でトラウトゲームを満喫

冬季限定『としまえんフィッシングエリア』 都内でトラウトゲームを満喫

10 月20日(日)、東京都練馬区にあるとしまえんフィッシングエリアに夫婦で釣行した。西武線豊島園駅や、都営大江戸線豊島園駅から徒歩5分圏内で電車釣行派にお勧めの都市型フィールドだ。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

としまえんフィッシングエリア

としまえんフィッシングエリアはとしまえん遊園地内のプールを利用し、ニジマスなどを放流する冬季限定の釣り場。短時間券や貸道具もあるので、初めて釣りをする人でも短時間から楽しめる。

冬季限定『としまえんフィッシングエリア』 都内でトラウトゲームを満喫としまえんフィッシングエリアアクセス略図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

今年は残暑の影響で高水温が続いてしまったため9月末のオープン予定が延期され、10月9日に開幕したばかり。まだ、大型魚の放流はされていないとのこと(11月1日に放流済み)。

練馬まつりが開催

当日は、たまたま練馬まつりという、地域の産業祭が行われており、遊園地が入園無料のため大にぎわい。せっかくなので園内を散策してから釣り場へ向かう。

冬季限定『としまえんフィッシングエリア』 都内でトラウトゲームを満喫お祭りで園内は大盛況(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

お祭りからの流れでふらっと立ち寄った家族連れも多いようで、エサ釣りエリアは超満員。土日祝限定で魚焼き場(1串¥100で購入して自分で焼く)が使えるため、釣った魚を食べたい人も大勢いて受付が長蛇の列となっている。

冬季限定『としまえんフィッシングエリア』 都内でトラウトゲームを満喫土日祝限定の魚焼き場は簡易テント式(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

アマゾンエリアからスタート

13時に受付で6時間券を購入して開始。タックルは6ftULのロッドにラインはナイロン3lbを使用。

ルアー専用ポンドのナイアガラエリアは空きスペースが見つからなかったので、アマゾンエリアからスタート。ここは流れるプールを利用した場所。

冬季限定『としまえんフィッシングエリア』 都内でトラウトゲームを満喫ルアー釣り・アマゾンエリア(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

ルアー、フライ、エサと区画分けされているので、入釣時には注意しよう。たまたま水車周りの人が動いたタイミングだったので、その下流へ入る。

ディープクランクにニジマスヒット

昨シーズン好調だったグローカラーの2gスプーンから探ってみる。オープンしたばかりだからか、いつもよりクリアな水質で、魚の動きが見える。追ってきているが、バイトまで至らない。

数投で飽きられてしまうので、いくつかカラーを替えて探る。暗めの色のほうが反応はよさそう。

アピール力の強いディープクランクに変更。カラーはダークグリーン。アップクロスに投げてゆっくり巻いてくるとクンと竿先をたたく軽いアタリ。軽くアワせたが乗らない。そのまま巻き続けるとグンッという感じのいいアタリでヒット。小さいながらもいい引きのニジマスをキャッチ。

冬季限定『としまえんフィッシングエリア』 都内でトラウトゲームを満喫いい引きのニジマスをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

同様に誘って3連続で掛けたが、食いが悪いのか、すべてキャッチ直前でバラしてしまった。

立ち込み可能なミシガンエリア

休憩がてら波のプールを利用したミシガンエリアを様子見。大型魚が放流されると人気になる場所だが、この日、竿を出している人はまばら。

立ち込み可能なポイント(使っていいのは長靴まで。ウェーダーはNG)のため、長靴がない場合は遠投ができないと攻めきれないので注意しよう。

冬季限定『としまえんフィッシングエリア』 都内でトラウトゲームを満喫立ち込みOK・ミシガンエリア(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

妻はちょこちょこ釣り上げながら試行錯誤してパターンを探る。正解は見えてこないが、バイトまで至らずとも、ルアーを替えるたびにピックアップ寸前まで魚が追ってくるのが楽しいらしい。

日が落ちてくると、暗色系への反応が悪くなる。後半よくヒットしたのは白系。スプーンやスティック型のルアーが好調だった。

次のページで最終釣果発表!