ボートティップランエギングで船中アオリイカ25匹の好釣果【三重県】

ボートティップランエギングで船中アオリイカ25匹の好釣果【三重県】

秋の風が涼しく感じるようになった10月6日に、三重県志摩市の御堂さんの船に乗せていただいた。朝のあいさつもそこそこに、午前6時ごろにディップランエギング釣行へ出船した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ティプランエギングのタックル

今回の目的はティップランで狙うアオリイカ。風もあり、この釣り方がうまくいきそうな雰囲気だった。

ミヨシから大矢君、保坂君、御堂キャプテン、私の順で近場のポイントで開始となった。水深は12~13m。エギは様子見で2.5号のダートマックスにシンカーを少々足し、ライン角度を意識しながら着底を待った。

ボートティップランエギングで船中アオリイカ25匹の好釣果【三重県】当日のタックル図(提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

アオリイカ連続ヒット!

すると、すぐにミヨシの大矢君がロッドを曲げた。連鎖ヒットを期待してみんなロッドティップに注目していた。

すると、私のティップに変化が出た。着底確認後4~5回の小さめの誘いシャクリを入れ、ピタッとティップを止めて2~3秒ほどで軽く曲がっていたティップが、さらに入り込むアタリが出た。それをアワせるとうまくヒットに持ち込めた。掛けた感触は結構な強い引きで、期待をしながらリーリング。

「お~!!いいサイズじゃない?」と、周りからの声が聞こえた。丁寧にキャッチしたアオリイカは500~600gぐらいだろうか。

これでいつも遅れをとる私もホッとひと安心できた。

それからは大矢君が絶好調、私も上出来の釣果で時間が過ぎていった。御堂キャプテンのポイント案内でどんどんとエリアを変えて探っていると、私にモンゴウイカの連続ヒットがあったり、大矢君にアオリイカが連続ヒットしたり、ちょうどいい風力で楽しめていた。

ボートティップランエギングで船中アオリイカ25匹の好釣果【三重県】良型アオリイカをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

ハンマーヘッドの猛攻に苦戦

だが途中1mぐらいのハンマーヘッドが3匹ぐらい船に着いてしまい、そのタイミングでアタリがなくなってしまった。そのサメたちはかなりしつこく船から離れず、しばらくは沈黙の時間が続いた。水深10m前後なので、アオリイカの活性も落ちてしまったのだろうか。

移動を繰り返し、10~20mのポイントを回ったが、午後からは白波が立ちアタリも少なく、厳しい状況に変化していった。それでもポツリポツリと大矢君がアオリイカを掛けているが、御堂キャプテンもポイント選択に苦労をしているように見えた。

当日の最終釣果

そして午後5時半の撤収タイムまで残りわずかになったころ、御堂さんが最後にロッドを曲げた。そして、船内は珍しく不調の保坂君が軽くイジられて、みんなを笑わせてくれた。結局きれいな夕焼けのなかでたたずむ保坂君の写真を撮った後、無事に帰港した。

船中釣果はアオリイカ25匹とモンゴウイカ5匹で、十分に楽しめた釣行となった。トップ賞は14匹を釣り上げた大矢君で、2.5~3.5号のエギをうまく使い分けていたのが印象的だった。

ボートティップランエギングで船中アオリイカ25匹の好釣果【三重県】大満足の釣果(提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

今回も御堂キャプテンに大変お世話になり、反省会の夕飯を楽しみにしていたのだが、混雑で店に入れなかったのが残念だった。珍しく私も10匹の釣果を上げていたので反省会の主役は別の人だったのに。

秋の釣りシーズン、皆さんもぜひ大海原で遊んでみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
出船場所:三重県志摩市周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年11月日1号に掲載された記事を再編集したものになります。