超初心者向け解説:『ウキ釣り』のキホン アタリが目で分かるから楽しい

超初心者向け解説:『ウキ釣り』のキホン アタリが目で分かるから楽しい

ウキ釣りは海釣りの代表的な釣り方で、初心者から上級者まで楽しむ事が出来ます。視覚的にアタリが分かるため、特に海釣り未経験者にはぜひとも楽しんでもらいたい釣法です。今回は基本をご紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・籔本大地)

籔本大地

釣りが好きで、ショアジギングやライトゲームをメインに楽しんでいます。楽しい情報を届けていきたいと思っていますので、よろしくお願いします!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

ウキ釣りとはどんな釣り?

ウキ釣りはその名の通り、ウキを浮かべて魚を狙う釣りです。

ウキには、大きく分けて、4つの役割があります。

1.目印
2.エサを一定のタナ(水深)に浮遊させる。
3.潮の流れや方向、スピードを釣り人を釣り人に伝える。
4.遠方へ飛ばしたり、運んでくれる。

ウキの下にはエサが付いた釣り針があり、魚が食いつくとウキが沈みます。ウキが沈むことが、釣り人への魚がかかったサインになってくれます。なによりもウキが沈む瞬間を視覚でも楽しめることが、ウキ釣りの一番の魅力です。

メリット

一番のメリットは、魚が食いついてきたかどうかを一目で判断出来る点です。竿先や糸の違和感などから繊細なアタリを感じとる必要がある他の釣り方と比べて、ウキの浮き沈みで魚が掛かったかどうかを判断できるウキ釣りは、初心者の方、特にお子さんにとって優しい釣りと言えます。

そして脈釣りを始めとした釣り方と比べるとウキ自体が浮力を持っている事で仕掛けをふわふわと自然に漂わせる事が出来ます。これにより魚に違和感を与えにくいという点も魅力的なメリットになります。

デメリット

どんな釣り方にもメリット、デメリットが存在します。ウキ釣りの場合は、タナを変更しづらいということが挙げられます。魚がいるタナに仕掛けが無いと、もちろん釣れません。ある程度同じ深さにい続ける魚であれば問題ありませんが、ころころと水深を変える魚を狙っている場合には、タナの調整がしづらいウキ釣りは効率が悪くなります。

ウキ釣りの対象魚

ウキ釣りはシンプルな釣り方ですが、海でのウキ釣りは美味しい魚がたくさん狙えます。代表的なのはアジやサバ、イワシなどの小型回遊魚。その他にもカサゴやメバルなどの根魚や、大物になるとクロダイやスズキ、タチウオなども狙う事が出来ます。小物から大物までウキ釣りで狙う事が出来るので、魅力に溢れています。

超初心者向け解説:『ウキ釣り』のキホン アタリが目で分かるから楽しいウキ釣りで狙える主な魚種(作図:TSURINEWS編集部)

ウキ釣り2大ジャンル!固定式&遊動式

ウキ釣りには固定式と遊動式の2種類が存在します。

固定式

超初心者向け解説:『ウキ釣り』のキホン アタリが目で分かるから楽しい固定式ウキ(作図:TSURINEWS編集部)

固定式はウキを釣り糸に固定してしまう釣りで、狙うタナが浅めの場合に使います。仕掛けの作り方が簡単なので、初心者にもおすすめです。

遊動式

超初心者向け解説:『ウキ釣り』のキホン アタリが目で分かるから楽しい遊動式ウキ(作図:TSURINEWS編集部)

遊動式はウキが釣り糸をするすると動く仕掛けで、狙うタナが深めの場合に使います。遊動式は固定式と違い、必要なアイテムが多いため仕掛けを作る難易度が上がります。

ウキ釣りにオススメのタックル

ウキ釣り仕掛けの作り方は慣れない間は戸惑ってしまいますが、慣れてしまえば難しいものではありません。

ウキ釣りをするにあたって、快適に楽しむための適したタックルがあります。

ロッド

ウキ釣りを楽しむのであれば4~5.3mの磯竿がおすすめ。初心者の方には取り回しの良い4mの磯竿をおすすめします。磯竿には硬さがあり、1号や2号など様々な硬さがあります。最初の一本には1.5号の磯竿が扱いやすいので、4m、1.5号の磯竿を選ぶ事をおすすめします。

リール

ウキ釣りを楽しむのであれば、あまり大型のリールはおすすめできません。番手でいうと2500番が軽さと強度のバランスが良いので、2500番のスピニングリールを選ぶ事をおすすめします。レバーブレーキリールというものもありますが、扱いが難しいのでまずは通常のスピニングリールを選ぶようにしましょう。

超初心者向け解説:『ウキ釣り』のキホン アタリが目で分かるから楽しい左LB付リール、右:ノーマル(提供:TSURINEWS編集部)

ライン

超初心者向け解説:『ウキ釣り』のキホン アタリが目で分かるから楽しいウキ釣りに必要な道具(提供:WEBライター・籔本大地)

ウキ釣りを楽しむためのラインはナイロンラインがおすすめ。太さは1.7~2号程度を選べば問題ありませんので、慣れない間は2号を選ぶ事をおすすめします。ハリスも結ぶ必要があるので、ハリスは道糸と同程度の太さを選んでサルカンと結ぶようにしましょう。

次のページで固定式と浮遊式のタックル解説

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。