伊藤さとしのプライムフィッシング【秋のチョウチン釣り:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【秋のチョウチン釣り:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。のテーマは「秋のチョウチン釣り」。野釣り場を主体にこの釣りの魅力や攻略法などを伊藤と共に考えてみたい。今回は両ダンゴとグルテンセットのハリス段差について。両ダンゴの段差幅で釣りつづけてはダメなの?

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

両ダンゴかグルテンセットか

両ダンゴとグルテンセット。伊藤さん的な基準はありますか?

伊藤 さとし

「初秋なら両ダンゴでスタートだけど、これからの時期ならよほどいい情報がないかぎりグルテンセットで始めることが多い。さらに言うなら、仮にセットでアタりっきりになっても両ダンゴに替えることは少ない。なぜならそうすることで、変更前より釣れなくなった経験が多々あるからね」

 

では、セットから両ダンゴに切り替えることはないと?

伊藤 さとし

「そんなことはない。とくに8~10尺竿なら大いにあり得るよ。さらに言うなら、短竿で釣れるようなら、むしろ両ダンゴから始めるかもね。でも、そういう基準は人それぞれだから、あまり明確な区切りを設けることもないでしょう。要するに何でもやってみるってことが大切なんだし」

 

セットならハリス段差を広めに

では話ついでに、もう一つ疑問点があります。両ダンゴとグルテンセットの時のハリス段差ってどうしますか?たとえば、両ダンゴだと段差幅は10~20cmですよね。そこからセットに切り替えるなら段差も広げるべきなのでしょうか?

伊藤さとしのプライムフィッシング【秋のチョウチン釣り:第3回】両ダンゴの段差は10~15cm(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)
伊藤 さとし

「ケースバイケースかな。たとえば、新ベラの荒食いみたいなウルトラ高活性なら、段差幅は両ダンゴと同じでもいけるでしょう。でもそれ以外だったら段差は広げたほうがいいんじゃない」

 

なぜですか?

伊藤 さとし

「では聞くけど、なぜ両ダンゴからセットにするの?程度はどうであれ、食いが渋くなったからだよね。だったら上エサと下エサの役割分担をはっきりさせたほうがいいんじゃないかな」

 

バラケで寄せて(興味を引かせて)、下エサを食わせるってことですね。

伊藤 さとし

「そうだね。食いが渋くなればなるほどダンゴエサと魚との距離は広がるのだから、それに合わせて段差も広げる。セット釣りでは当然だよね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【秋のチョウチン釣り:第3回】桟橋に並ぶ常連(作図:週刊へらニュース 編集部)

活性に合わせ段差幅を工夫する

ですが多くの場合、グルテンセットの段差幅はウドンセットに比べて狭い。なぜでしょうか?

伊藤 さとし

「たとえばグルテンセットで10-70cmとかってあまりやらないよね。なぜならそこまで段差を広げるってことは、そうしないとアタらないからだよね。つまり食い渋りということ。であれば食わせはグルテンよりも固形物のほうがいいってことになる。食わせにグルテンを使うのは両ダンゴとウドンセットの端境期、またはグルテンのほうが食いがいい(新ベラなど)時など、そこそこの活性があるってことだから段差幅もそれに合わせて設定すべきだよ」

 

たとえば15-40cmとか20-50cmとか?

伊藤 さとし

「そうだね。もしくはあえて広めの段差から始めて、様子を見ながら詰めていくって方法もある」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【秋のチョウチン釣り:第3回】ハリス段差を工夫しよう(作図:週刊へらニュース 編集部)

具体的には?

伊藤 さとし

「15-60cmで始めて5cm単位で最小35cmくらいまで詰めるとかね」

 

ちなみに両ダンゴのハリスセッティングのままやってはダメですか?

伊藤 さとし

「それで釣れるならいいんじゃない。ボクは一言もダメだなんて言ってないよ。ただし底釣りならまだしもチョウチンの場合は、それで釣れ続いた経験はあまりないなぁ」

 

やはり釣り方を替えるのならセッティング等もしっかり見直すべきなんですね。

伊藤 さとし

「できればそうだね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【秋のチョウチン釣り:第3回】当日はダンゴ時合いだった(作図:週刊へらニュース 編集部)

次回も「秋のチョウチン釣り」です。

【秋のチョウチン釣り:第1回】を読む

【秋のチョウチン釣り:第2回】を読む

▼この釣り場について
早霧荘

<週刊へらニュース 伊藤さとし/TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2019年10月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。