秋の波止のお楽しみアオリイカエギング&ワインドタチウオ【貝塚人工島】

秋の波止のお楽しみアオリイカエギング&ワインドタチウオ【貝塚人工島】

10月10日の夕方、大阪の貝塚人工島へアオリイカ狙いのエギングと、ワインドタチウオで釣行。ともに日ムラのあるターゲットだが、両魚種の攻略に成功。満足の釣果を得て釣り場を後にすることができた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

夕マヅメの貝塚人工島へ

大阪府の貝塚人工島では、アオリイカとタチウオが釣れている。タチウオ狙いは、例年なら10月になると盛期に入り数釣りが楽しめるのだが、今シーズンは群れが小さく、ポツポツといった感じで、いい日で2~3匹釣れている程度だ。日ムラがあり、悪い日に当たると、ボウスの時がある。

アオリイカ狙いは、9月から新子が釣れ始めているが、例年より数が少なく、まだまだ本調子ではない。とはいえいい日に当たると、数狙いが期待できる。

秋の波止のお楽しみアオリイカエギング&ワインドタチウオ【貝塚人工島】貝塚人工島の釣り場(提供:WEBライター・谷口墨人)

日暮れまではアオリ狙いのエギング

現地には、午後3時30分に到着。貝塚人工島の沖向きのテトラ帯にエントリーした。周りでは青物狙いのルアーマンがジグを投入している。多少波気があるが、曇天で風は弱く、まずまずの釣り日和だ。

まずはアオリイカ狙い。周辺のエリアで日中の当たりカラーになっている、アジカラーの金テープ、2.5号をチョイス。できるだけ遠投し、ボトムを取ってから、2段シャクリとフォールを繰り返しながら探っていく。

2投目、シャクった後にフォールさせていると、グーンとロッドの先に重さが乗った。すかさずアワせると、グーングーンとイカの引きが伝わる。ゆっくりと手前まで寄せてきてタモでキャッチしたのが、ハンバーグサイズのアオリイカ。アオリイカ狙いは苦戦を予想していたのだが、開始早々のヒットに心がなごむ。

秋の波止のお楽しみアオリイカエギング&ワインドタチウオ【貝塚人工島】1匹目の良型(提供:WEBライター・谷口墨人)

数投後、手前でシャクった後のフォールで違和感が出る。アワせるとグーングーンという心地いい引き。ゆっくりと寄せ、コロッケサイズをキャッチ。続けて同じ場所を探ったが気配がなくなったので、テトラの上を少し移動する。

沖合でのヒットは良型

移動後の1投目、エギを投入してシャクッた後のフォールで、またロッドの先に重さが乗った。アワせると、グーングーンといい引き。ジェット噴射を味わいながらタモでキャッチしたのが、トンカツ大サイズのアオリイカ。やはり、沖合でヒットしたイカは型がいい。

その後、エギを足元まで寄せてくると、追尾してきたアオリイカがエギにチェイスし、抱きつくシーンがあり、コロッケサイズをキャッチ。サイトでも、ヒットシーンを楽しめた。

秋の波止のお楽しみアオリイカエギング&ワインドタチウオ【貝塚人工島】サイトで仕留めたコロッケサイズ(提供:WEBライター・谷口墨人)

夕方5時過ぎからワインドタチウオ

夕方5時を過ぎると、タチウオ狙いの釣り人が増えてきた。アオリイカは、これから接岸するタチウオの動きを警戒するのか、アタリがピタッと止まった。私もワインドでのタチウオ狙いに変更する。

21gのジグヘッドに、パワーシャツド(パールホワイト)5inchの頭をカットしてから装着。ジグヘッドの上に、ケミホタル50をセット。できるだけ遠投し、着水後はボトムまでフォールさせた後、シャクリとフォールを繰り返す。フォール中にバイトする時があるので、気が抜けない。

まだ明るい5時30分ごろ、近くでワインドをしていたルアーマンに、80cmクラスのタチウオがヒットした。早くも回遊が始まったかと思いながらシャクっていたが、バイトはなく単発だった。

6時過ぎに指3本級をキャッチ

本格的に回遊が始まったのは、暗くなってきた6時すぎだった。沖合でシャクっていると、グンとバイトしたがすぐにフックアウト。気を取り直し、再度投入してからシャクリ始めると、ガツーンとバイト。シャクリがアワセになり、そのまま寄せにかかると、グングンといい引きがある。サオ下での、最後の締め込みを味わいながらキャッチしたのが、指3本半幅の80cmクラスのタチウオ。

秋の波止のお楽しみアオリイカエギング&ワインドタチウオ【貝塚人工島】ワインドで指3本のタチウオ(提供:WEBライター・谷口墨人)

近くのエサ釣り師の電気ウキにもアタリが出始めているが、なかなかハリ掛かりせず苦戦している。しかし、タチウオの時合いは30分ほどで、ピタッとアタリがなくなった。

その後しばらくシャクり続けたが、バイトはなく午後7時に納竿とした。今後海水温が低下してくると、アオリイカの数は減ってくるが、型は大きくなる。タチウオ狙いはまだ本調子ではないので、今後に期待したい。

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
貝塚人工島

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。