沖波止タチウオ釣行で97cm頭9匹 テンヤ釣り&電気ウキで【堺港】

沖波止タチウオ釣行で97cm頭9匹 テンヤ釣り&電気ウキで【堺港】

大阪湾各地の波止でタチウオの情報が飛び交い始めた。そこで、今シーズン3回目の波止タチウオ狙いで訪れたのは、大阪・堺港の沖波止である新波止。釣れ出しは遅かったものの、引き釣り中心に時合いを逃さず、久しぶりに満足の釣行となった。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

リベンジの波止タチウオ

波止タチウオだが、実は今シーズン2回ほど行ってる。結果はどちらも貧果。釣れるには釣っているのだが、2尾程度の釣果だ。その2回とも状況としては夕方5時過ぎが満潮の潮止まりで、1番の時合いに潮が動かないと言う悪条件だった。今回は天気と潮を見つつ、前日までの釣果も見ての釣行だ。

当日の潮は中潮で満潮が午後8時半。迎えの船が午後8時なのでちょうどいいし、天気は曇りだ。

2種類のタックルを準備

午後3時の船で新波止に渡り、曇っているのでタチウオの食いだしが早いだろうと思い、早速仕掛けを組んでいく。

沖波止タチウオ釣行で97cm頭9匹 テンヤ釣り&電気ウキで【堺港】当日乗船した夢フィッシングの渡船(提供:WEBライター・山本俊介)

今回のタックルは2セットを用意した。

テンヤ引き釣り用

一つはテンヤでの引き釣り用。これはロッドがエメラルダスMX89M・EにリールはエメラルダスMX2508PE-DHとエギングタックルを転用。PEライン0.6号にテンヤはチャタータイプをチョイスした。

沖波止タチウオ釣行で97cm頭9匹 テンヤ釣り&電気ウキで【堺港】引き釣り用タックル(作図:TSURINEWS関西編集部・松村)

ウキ釣り用

もう一つはウキ釣り用で磯竿1.5号にリールは2500番クラス、道糸2号に市販の水平2本バリ仕掛けでエサはキビナゴを使った。

沖波止タチウオ釣行で97cm頭9匹 テンヤ釣り&電気ウキで【堺港】当日使用したキビナゴ(提供:WEBライター・山本俊介)

暗くなるまではテンヤ釣り

普段からタチウオを狙う時は、夕方の時合いが終わるまではテンヤでの釣り、暗くなってからは電気ウキで釣る感じだ。去年のイメージだと4時過ぎからアタリが出るのだが、今年はちょっと遅い感じで、6時前後になってからようやくアタリが出始めると言う情報だ。

それでも様子見で、底からゆっくりと探っていくが、当日も曇り空とはいえ明るいので反応はなし。しばし、時間が経つのを待って5時半頃から集中して釣り始めた。

内向きでファーストヒット!

当日は沖向きに向かっての追い風だったので、投げやすくいい感じだったが、海はというと…ベタ凪で潮が動いてない感じ。これはまた微妙だなあ…と思いつつ、投げては探っての繰り返し。ところが、暗くなってきてもアタリが全然ない…。

そこで風は正面からだが、海はざわざわしてるし潮も動いてるので内向きでやってみると、一投目から反応あり。まさか、いきなりアタリがあるとは思わず、ビックリして掛からなかったが、2投目にはキッチリ食ってきたのをアワせる事ができた。

30分間連チャンでヒット

カウント的には6~7なので、気持ち深いかなあ…という程度。このタナで30分ほど連チャンでアタり、合計6尾のキャッチに成功した。時合いが過ぎるとアタリも減ってしまうので、そのタイミングで電気ウキを投入する。タナは2ヒロ半の半遊動仕掛けだ。

この時点で7時くらいだったので、小一時間は電気ウキでやりつつテンヤも投げてみる。テンヤで完全に底まで落としてゆっくり巻いてくると、ガツンッと一発底の方で食ってきたのが、当日の最長寸97cm。1mまで3cm足りない立派なタチウオだった。

次のページで電気ウキの結果をお届け

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。